忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」

ここに来てようやく機動六課設立の目的が明かされた。
カリムの持つ予言能力と、それが告げる管理局崩壊の事実を隠し、願わくば阻止するために集まった。カリム、はやて、クロノが中心となり設立した形だが、彼らが表の顔だとして裏に別の主導者がいるのかはわからない。
この時点では機動六課メンバーは、クロノとはやての個人的なツテで集まった事になっている。
ある意味では傭兵部隊のようでもあり、反乱分子の芽として敵視するのか、例の地上部隊の中将と秘書も動き出しそうな伏線。

そのカリムの能力にしても2つの月の魔力が…とか、年に1度だけとか、半年から数年先を予言するとか、設定アニメの面目躍如。私は違うけれど、細かい設定の破綻を楽しむマニアも出そうだ。
アギトの過去も明かされたが、リインのようなディバイスなんですかね。
実験台になっていたところをルーティシアに拾われたようだが、例のプロジェクトFの研究施設にいたのだろう。
となると、ユニゾン相手と共にはやて&リインと戦いそうな伏線。
こちらも色々と設定がありそう。

何だか年を食ったキャラたちの中で一服の清涼剤、いや中盤を引っ張る期待のヒロインが登場。
謎の少女はヴィヴィオ、富士重の軽自動車名。
ずいぶん幼くキャラを振って来たものだ。キャロがお姉さんに感じるから、園児世代?
いや、不満は全くない。
立ちはだかるシャッハに驚いて、尻餅ついて泣く幼いこと…
何だか父性本能くすぐるぞ。ロリ声は水橋かおり。

実はヴィヴィオがなのはに懐くまでには、黒い本能が現れ暴走したり、トラウマ爆発で心閉ざしたりの展開を予想していたのだが、素直にいい子になっている。
オッドアイで、エリオが何か気付いたように元の人格もある、誰だったか「聖王の器」と呼んでいた事から、ヴィヴィオを中心に話が進むのだろう。
まあ、事情がわかってくるにつれ、視聴者が奈落の底に落とされる事態も有るのかもしれないが、それもいいだろう。

なのはは幼子の扱いを知らないらしいが、フェイトは手馴れたもの。
クロノのところの子供二人、エリオとキャロで実践を積んだ模様。
なのはとフェイト、なんだか世間に良くある夫婦のようだが。
そういえば、フェイトの「お兄ちゃん」は良かったな。

「恩返しとフォローの永久機関」とは語るに落ちたが、これで4期も作るつもりなのでは。
世代交代できそうなキャラを育てている事だし。

魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ02魔法少女リリカルなのはStrikerS サウンドステージ02 7/18発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話

「命の理由」 クロノ、なんでそこで照れる!?今回はまず、アギトとルーテシアの馴れ初めから。リインと似たような存在でありながら、気が付くと実験体として過酷な実験を強いられ、つらい日々を過ごしてきたア

魔法少女リリカルなのはStrikerS #13

機動六課設立の真相が明らかにされるお話でした。本編の冒頭で、いきなりアギトの過去が描かれました。実験動物のように扱われていたアギトでしたが、ルーテシアとゼストに救われて以...

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」

        <アギト> アギトの過去〜。(;゚Д゚)ハァハァー! どーやらモルモットだったらしいですな。ヒーヒー言ってる とこをルーテシアたちに助けてもらったみたい。 ある意味今回の見所でつ(笑)アギト(;゚Д゚)ハァハァー!...

魔法少女リリカルなのはStrikerS 。。。。 第13話 命の理由

この子、ヘテロクロミア?戦い済んで 一段落して。。。。 といった感じの この13話に思えたんですが。。。。リリカル初心者としまして、以下↓のような 場面があると「なるほど、なるほど」と 前作&前々作を 解釈しながら見てられます。いや ほんと、↓のBパート ...

魔法少女リリカルなのはStrikerS第13話命の理由

「失くしてしまった物。起こってしまった出来事。過ぎ去っていった過去の時間は変える事ができない」「だから失いたくないと思う、護りたいと思う。護る為に強くなりたいと思う」「選んだのは戦って勝ち取っていく事。見えない未来を望んだ形に変えていく事」「魔法少女リ..

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」

予言された破滅の未来、戻せない過去…失われたもの…。残された者は、見えない未来を探るしかない。望む明日を勝ち取るために…大事なものをもう無くさないために…アギトは同じチミッ子のリインにライバル宣言(笑

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」

ヴィヴィオが大変お気に入りになってしまいましてw大人びたキャラが多い中、彼女のような普通の子供っぽいキャラは新鮮に感じます。このアイキャッチのヴィヴィオはとりあえずお持ち帰りしたいです^^でユーノくん

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」

魔法少女リリカルなのはStrikerS  現時点での評価:2.0〜3.0  [SFアクション]  テレビ和歌山

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」

クロノお前とりあえず百回ぐらい死んでこいよw言われてみれば義理でそういう関係だったよね。今作は突っ込みどころ多すぎてピキピキだが一番あのシーンにウゼえwってことは今まで突っ込みどころなんて大したことな

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話

今回はあの保護された女の子、そしてはやてから語られるあることがメインです。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話

無くしてしまったもの起こってしまった出来事過ぎ去っていった過去の時間は変えることが出来ないだから、失いたくないと思う守りたいと思う守るために、強くなりたいと思う選んだのは戦って勝ち取っていくこと見えない未来を望んだ形に変えて....

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」

魔法少女リリカルなのはStrikerS 公式ホームページ今回、登場したスカリエッティ側のキャラはアギトのみなのは残念でした。夢を通してアギトの紹介をするものだと思っていましたが違いました。アギトは、古代ベルカ式の純正融合型デバイス(台詞まま記載、意味わからず...

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」

フェイトが「なのはが母親で、ヴィヴィオが娘。」「ということは、私がお父さん(なのはの旦那さん)!?」「えへへへ(●´Д`)」と、妄想してないといいのですがwww

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」

まずは、アギトの過去ですか。気がついたときには、ある研究所で実験動物となっていたアギト。死ぬ自由も無く、いつか心と体が壊れるまで実験されつづけるんだと、彼女は思っていたわけで。でもルーテシアとゼストが

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話

萌えキャラ認定中:キャロ・ル・ルシエ『命の理由』他のblog様を見るかぎり、第12話の世間での評価は概ね良好で(概して、戦闘シーンの評価が高かったようです)、私のような批判的な向きは少数派のようでした。私の感

(アニメ感想) 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」

魔法少女リリカルなのはStrikerS The Comics (1)生まれた時のことなんて覚えてないし、人間で言う親・マイスターが誰かなんてことも私は知らない。ただ静かに・・・随分長い間眠ってただけ。気がつくとそこは地獄だった・・・。

はやてさんは罪の意識、レジアス中将は罰の意識 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話感想 〜命の理由〜感想

今回は、以前から潜在的に描写されてきた、「守るべき対象」としての「子供」がテーマ。 恐らく今回の話の目的としては、ルーテシアさんやアギトさんが「敵」ではないと印象づける為も然る事ながら、ヴィヴィオさんの可愛

思わず一時停止してしまった

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の第13話を見ました。今日はまだ火曜日だというのに同期と飲みまくり。しかも明日は5時30分起き。更に明日も飲み会。・・・終わったな自分。<感想>純白のおぱんちゅキター!!!思わず一時停止してしまったのは、...

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」

えー今日も感想書いていきますよw今回は、アギトの過去話。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 「命の理由」

アギトは、本物の古代ベルカ式融合ディバイスだったのですね。実験施設が焼かれ(ゼストとルテーシアの仕業でしょうか。)救い出されたアギト。ルテーシアの一言が無ければ、捨て置かれた存在。なんて、不憫なのでしょうか。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話

第13話『命の理由』 アギトの実験道具としての辛い過去から 今回の命の理由というものを訴えかけてくる構成。 自分は何のために生きてるんだろう、って。 謎の女の子は病室から居なくなって緊迫するも なのはさんがあげたうさぎのぬいぐるみを抱えてあっさり登場。

なのは様、タジタジ( ̄ー ̄)ニヤリ

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」束の間の日常。やってきた幼きオニャノコに、なのはさんはタジタジデス( ̄ー ̄)ニヤリ物語前半最後のお話。テイク・オフ、いっときましょう♪夢の中で、アギトは昔を思い出します。生まれたときなど覚えておらず、親であ

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話

アニメ感想 魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」 <あらすじ>思い起こされる記憶。それは、ロードのいない自らの宿命か。アギトは、実験動物として扱われていた頃のことを夢で観て、改めて自分と

魔法少女リリカルなのは StrikerS 第13話「命の理由」

アギトはリィンのことを自分と同じ存在だと思っているようですね。ただリィンは特殊だからちょっと違うような…。まだ丸々1クール残ってるわけだし、そのうちもっと詳しくアギトの出生についても語られそうですが

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話 命の理由

八神 はやてあんな悲しみとか後悔なんて、この世界の誰にも、あったらあかん。私の命はその為に使うんや。なのははもはや少女ではない。これは始まった頃からの共通認識であると思うのですが

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」13話 命の理由

6課がなんで作られたかの本当の理由が明かされたけど、予言の信用度がいまいちなせいで秘密裏に動くしかなかったということなのか。でも何か事が起きた時に他の部隊と段ちの差で戦闘力があるとしたって少数でしかも真の能力

魔法少女リリカルなのはStrikerS 第13話「命の理由」

なのは。自分の中で一回「微妙」と思ってしまってからはどうも見る目が変わってしまったというか・・・。百合があればそれでいい!!っていうね。もうアホなのは自分でもわかっとりますが、このアニメを見続けるための唯一の要素ですわ。TVアニメ『魔法少女リリカルなのは..

魔法少女リリカルなのはStrikerS【第13話】命の理由【キャプ感想】

コメディ要素とシリアス要素が良い感じにミックスした第十三話の感想です。とりあえずアイキャッチに気づいた方は勝ち組ww

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by jiro
  • URL
  • 2007/06/30(Sat)11:59
  • Edit
wataru様どうもです!

>いや、不満は全くない。
あったらお尻100叩きの刑ですから!叩き役?それはピンクい髪の毛のあの人です。

>黒い本能が現れ暴走したり、トラウマ爆発で心閉ざしたりの展開
この先にその展開がありそうな予感が少し。幼女がぶっ飛ぶ様は何度見ても美しいので是非!

私からもトラックバックさせていただきます。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/06/30(Sat)13:27
  • Edit
同志、いつもお世話になります。

>幼女がぶっ飛ぶ様は何度見ても美しいので

白いものが黒く汚れ、堕ちてゆく様を愛でる美学ですね。
犯罪にならない程度に、きっちり描いて欲しいところ。

>叩き役?それはピンクい髪の

母様と大きい姉さまが強烈なので、ルイズ様が霞むのではないかと危惧しております。
第1期と違う見どころになるのかもしれません。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]