忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 RSSリーダーで購読する
PR

神曲奏界ポリフォニカ 第12話「シンフォニー 虹の楽曲」(最終話)

前回から2話連続での最終エピソード。
「神曲を通しての人間と精霊の関係」原作ノベルからのテーマではあるが、アニメ化に当たっては各話単独のエピソードで構成したためか、どうもこのテーマが立ってこなかった。
ラストではテルミンの遺した人工神曲演奏機「カウンターフィットレインボー」と精霊クリスタを通して、そのテーマを描こうとした事はうかがえる。

契約楽士に先立たれ、残された精霊は神曲無しでどのように過ごすのか。再調律した後に他の楽士と契約を試みるのか、それを拒否して暴走に至るのか。
ノベルでもモチーフを変えながら、このテーマを取り上げるのだが、この最終話での試みはクリスタとは別の暴走精霊を登場させ、原作では初期エピソードの発電所事件での黒ボウライや精霊爆弾まで引っ張り出して散漫なスジになってしまっている。

アニメの脚本・コンテでは意味が良く伝わらなかったと思うが、暴走精霊を悪用した反精霊団体の登場、そしてフォロンに「人と人類は関わらないほうが…」などと人類至上主義者のようなセリフを言わせたりと、原作のエッセンスを取り入れているが、食い散らかしたに過ぎない。
ビックリして転倒した男の体が当たってコンテナを開くスイッチが入る、安直な演出は笑える。
バイク(ハーメルン)で乗り付けるフォロン、そこはビルの屋上なんだが、そんな演出で良いのか?

暴走精霊の絶叫に下級精霊も暴走し、黒ボウライの大量発生。
中級以上の精霊たちも影響を受ける。プリネが大丈夫そうなのは何故だ?
原作者自らが食い散らかしてしまった脚本、それに輪をかけて仕様も無いプロットを出すバッカーノ!の人。
この話を落とすために、感動の大団円に無理やりつなげる。
ベース演奏のカウンターフィットレインボーとクリスタ、それに合わせて神曲楽士たちの大演奏会。
聞く街の人たちの手拍子。
暴走精霊は収束し、封音盤に刻まれたテルミンの声に聞き入るクリスタ。

コーティとフォロンの関係に深い掘り下げもなく、シリーズ終了。
サブキャラ、敵精霊、それぞれの問題は抱えたまま。
「神曲を通しての人間と精霊の関係」を描くのにゲストキャラを使う比重が大きいから、レギュラーキャラたちは、このテーマについては傍観者であり解説者でもある。コーティの説明セリフの多さがそれを証明している。また、問題解決にコーティはほとんどの場面で空気化。何がヒロインか?
このテーマはレギュラーキャラが背負い、それを解決するシナリオでなくては感情移入もままならない。視聴者の我々は傍観者のそのまた傍観者になってしまう。

小説家はアニメ脚本の良き書き手ではない事がはっきりした、今回のアニメ化。
でもこんなことは別作品の築地回でも判っていたこと。
これで敢えてアニメ化しなくてはならない状況は理解に苦しむ。
そして、シリーズ構成の重要さ。
アニメ制作は予算とスケジュールの問題だから、銀画屋ばかり責めても仕方あるまい。
開始当初は画の酷さばかりに目が行ったが、それよりも脚本とプロデュースの無残さに失望したシリーズだった。原作ファンだから厳しい評価かもしれない。
原作ノベルシリーズは、標準レベルは保っていると思う。最新刊の青シリーズ築地作品は見違えるように良くなった。

神曲奏界ポリフォニカ オリジナルサウンドトラック 6/27発売予定(Amazon)
神曲奏界ポリフォニカ ふゅーじてぃぶ・ぶるう 神曲奏界ポリフォニカ ぶるう シリーズ2 [GA文庫]発売中(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する

TRACKBACK

Trackback URL:

神曲奏界ポリフォニカ 第12楽章 最終回 「シンフォニー 虹の神曲」

最終回人と精霊の物語<アニメ 感想 神曲奏界ポリフォニカ 12楽章 最終回 シンフォニー 虹の神曲 カウンターフィットレインボー フォロン コーティ クリスタ ツゲ・ユフィンリー レンバル

アニメ ポリフォニカ

「シンフォニー 虹の神曲」今回で最終回だったわけですが。非常に勿体無い作品だったかと。人と精霊。それを繋ぐ神曲。題材としては悪くなく。ストーリーも人情的な話が多かったので楽しめました。如何

神曲奏界ポリフォニカ 第12楽章(最終話)「シンフォニー 虹の神曲」

神曲奏界ポリフォニカ 第12楽章(最終話)「シンフォニー 虹の神曲」

神曲奏界ポリフォニカ 第12楽章 「シンフォニー 虹の神曲」

カウンターフィット・レインボウは、只の機械で神曲をまねているだけのものだと説く、フォロン。もう手の打ちようが、ありません。

【終】神曲奏界ポリフォニカ 第12話「シンフォニー 虹の神曲」

『偽物』云々は故人に対して失礼だし、説得相手がムキになって逆に応じないってこともあるだろうに。『こいつ等、説得する気あるのか?』と疑問を感じずに入られんとです。最終話だというのに、一瞬でも今までで最高のヘタレっぷりを見せたフォロンにはなんと言っていいの..

神曲奏界ポリフォニカ 第12話(最終話)「シンフォニー 虹の神曲」

アニメ版最終話…これでこのシリーズのメディア展開もジエンドです…。テロリストによって精霊爆弾にされた狂った精霊が暴走。周りの低級精霊も暴走させていく…。クリスタは命を削って<カウンターフィット・レイ

神曲奏界ポリフォニカ 第12話【最終回】

第12楽章「シンフォニー 虹の神曲」とても最終回らしい最終回で、これといった面白い展開とかはなかったですけどポリフォニカらしく暖かい雰囲気で締めくくってくれましたただ、最後、曲切れてEDに入ったのがなん

神曲奏界ポリフォニカ 第12話「シンフォニー 虹の神曲」(最終回)

神曲奏界ポリフォニカうん;;;原作の臭いがプンプンッ!!(泣確かに最後の最後で今までのキャラを出してくるとは思ってたよ?でもさ、「アナタ誰??」っていう人まで出さなくても良いじゃない!!しかも…忘れてたんだけど、レンバルトに梅干し買わせた精霊って本当に出た....

神曲奏界ポリフォニカ 第12楽章

「シンフォニー 虹の神曲」 最終回でした〜 大団円でしたね〜 エジソンがレコード

神曲奏界ポリフォニカ #12 [最終回] 「シンフォニー 虹の神曲」

白ボウライも黒ボウライもどっちもイイ!!(ぇ・・・でも黒ボウライが『まっくろくろすけ』にも見えるような(笑) ↓ ↓

神曲奏界ポリフォニカ/12話 シンフォニー 虹の神曲

神曲奏界ポリフォニカの最終話。

第12楽章「シンフォニー 虹の神曲」

神曲奏界ポリフォニカも遂に最終話です。今回は前回からの続きで、カウンターフィット・レインボウと共に神曲を歌う精霊のクリスタと、反精霊団体のテロ活動が遂に始まりました!果たして大団円となる事が出来

神曲奏界ポリフォニカ 第12楽章 シンフォニー 虹の神曲

タタラ・フォロン確かに違う存在だけれど、だからこそ、分かり合おうとすることに意味がある。僕とコーティーのように。あーあ、終わっちゃった。途中まであまり進展がなかったもんですから

神曲奏界ポリフォニカ 第12楽章(最終話)

第12楽章『シンフォニー 虹の神曲』 テラトテルミンの夢、思い描いた虹に惹きつけれ、 神曲のようで神曲ではない神曲もどきを奏で続けるクリスタ。 「自ら命を捨てようとしてる者に 死ぬなだな、危ないだなと言っても聞き入れるはずがない。」 って寂しいこと言うね。

[終]神曲奏界ポリフォニカ #12「シンフォニー 虹の楽曲」感想

反精霊団体が妖精爆弾を仕掛け騒動にしかし最後は感動的な演奏でみんながノっていき無事に終結しました。話は逸れるかもですが録音が悪いとは言いませんよ実際自分たちは現場のオーケストラやライブにはいけないからmp3やらCDに甘んじている利点はただ一つ、どこでも好きな

神曲奏界ポリフォニカ第12話「シンフォニー虹の神曲」感想

とうとう最終回。はっきりいってこのまま最終回!?って疑いたくなるような前回の終わり方でしたが、今回はいったい・・・???PS2神曲奏界ポリフォニカ早速感想。・・・やばい、最後に来て最高の回、やってくれましたね。なんだか知らないけど絵もキレイだし、まさかと...

レビュー・評価:神曲奏界ポリフォニカ(アニメ)/第12楽章「シンフォニー 虹の神曲」

品質評価 56 / 萌え評価 36 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 9 / シリアス評価 12 / お色気評価 9 / 総合評価 21レビュー数 41 件 <カウンターフィット・レインボウ>を片手に、神曲を奏で続けるクリスタ。彼女を説得できないまま、フォロンとコーティカルテは人間と精霊の絆〜

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by サトシアキラ
  • URL
  • 2007/06/20(Wed)23:16
  • Edit
 どうもこんばんはです。
 こうして記事を拝見していると、如何に自分が欠点を見抜けなかったというかお気に入りで見過ごしていたかということを思い知らされました。慧眼、感服いたします。

>開始当初は画の酷さばかりに目が行ったが、それよりも脚本とプロデュースの無残さに失望したシリーズだった。原作ファンだから厳しい評価かもしれない。

 チーフディレクターを務める筈だったわたなべぢゅんいち氏が急逝されたのも影響していたんでしょうかね。実力的にも、スタッフのモチベーション的にも…
 最近キネティック版をプレイし始めた身からすると、ポテンシャルはこんなものではないでしょうし…
 それでは。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/06/21(Thu)10:50
  • Edit
コメントありがとうございます。
私もアニメ化が決まってからキネ版とラノベをクリアした口です。
赤シリーズに絞って、コーティとフォロンを中心に据えて欲しかったのですが、イマイチでした。
つかみの1話、2〜3話で物語の背景を描いて導入編、中盤で事件・挫折・回想編、9話くらいから転換・解決編と手堅いシリーズ構成であれば、もう少し見られたのかなと思います。

>わたなべぢゅんいち氏が急逝
これは、影響があったでしょうね。

まだ最新キネ版は積んだままだし、今後もノベル共々続刊されるので、楽しむつもりです。
アニメDVDは…買わないでしょうね。
今さらですがTAFのイベントステージでの声優陣の微妙な空気が良くわかりました。

無題

  • by G.O.R.N
  • URL
  • 2007/06/26(Tue)14:38
  • Edit
わたなべぢゅんいち氏の急逝はやはり影響が大きいでしょうね。というのも、 下田正美氏とわたなべぢゅんいち氏、あとメカニックデザインの中原れい氏はゼーガペインでも名前が出てくるので恐らく、ゼーガペインの陣容をある程度維持するつもりではなかったかと思います。
ゼーガペインは脚本は相当にうまくいっていたように思います。全般的にレベルの高い脚本でした。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/06/26(Tue)15:38
  • Edit
G.O.R.N様、コメントありがとうございます。
ゼーガペイン見ていなかったので、下田監督といえば「藍青」以来です。
音響も含めて制作スタッフは手堅い感じで予定していたのですね。

わたなべ氏の急逝で予定が狂い、不慣れな脚本と制作スタジオが目算違いに輪をかけた感じでしょうか。
今回は残念な出来具合のアニメ化でした。
またの再挑戦(機会があるか?)を期待しています。

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]