忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

sola 第11話「ムソウレンガ」

日常との別れの予感、そして茉莉・蒼乃の夜禍としての滅びの予感に緊張が高まる。
普通の人間でありながら、この非日常の世界に関わりを持ったばかりに、真名とこよりの涙が切ない。久弥直樹の脚本回。

シリーズ最初の頃は「久弥流のAIR」だと思ったり、ヒロインたちの願いと運命が絡み合うさまに「Kanon」を彷彿とさせられたり、そして徐々にその願いが収束されて行く展開に「ONE」を思い出したりと、短尺ではあるけれど久弥ワールドの集大成にも思えてきた。
結末は未だに予想の及ぶところではないが、ゲームシナリオで言うところの「xxエンド」を迎えることになるのだろう。
伏線設定は大変そうだが、各ヒロインごとのエンドを見たいものだと思うが、ここはゲーム化に期待する事にしよう。

茉莉から真実を聞かされ、自分の答えを見つけた依人。
そして蒼乃に「出よう、街を。姉さんに幸せになってもらいたい」と手を差し伸べる依人。
二人を縛ってきた過去、それに関わる茉莉からもこの街からも離れ、リセットした二人の日々を望む蒼乃の願いが叶うかに見える。
蒼乃は「信じていいの?」と言うけれども、お互いにその思いは微妙なすれ違いを見せているようで、悲しみの結末を予感させる。

剣は茉莉に渡し、辻堂と繭子も手を取り合いこの街を離れる。
密やかだけれども、二人寄り添い生きて行く新たなスタート。このあとに超展開でもなければ、この二人はハッピーエンドで終わる事だろう。
街を出る準備の蒼乃の前に、その剣を持ち茉莉が対峙。
繭子が街を離れる理由「誰かが犠牲になる事に無頓着になれない」
それは依人と蒼乃の幸せを願い茉莉が自らの血で贖う事なのか、それとも生け贄として死ぬべきであった蒼乃が土に還ることなのか、その犠牲の正体はわからない。
今までの伏線はどちらに転んでも矛盾はないし、犠牲の第3の選択肢も排除していない。

学園に通う依人に、一見日常が戻ったかのような日々。
詳しい事は話さない依人と、依人に対する自分の気持ちはクラスメイトを超えて近づいているはずなのに「(夜禍とか色々な事に)順応性は高いんだ」と誤魔化す真名。
「もう少し他人の気持ち考えた方がいいよ!」と言い捨てるのが精一杯の強がり。
その存在自体が幻であるかのように、クラスメイトの記憶からも写真からも消えてゆく依人の姿。
依人の姿を追って町を駆け抜け、再び屋上で依人の手を握り存在を確かめるような真名の想いが痛い。
ふと気がついた時には一人の真名「どうして泣いているんだろう?」
これが真名の記憶が消えたシーンだとしたら、あまりにも悲しい。

そして「街を出るから会わないほうがいい」と蒼乃に拒否されても、折り紙を教えてもらいに粘るこより。「友達だから」と、それだけでは終わらない気がする。
何よりも真名とこよりの環境が充分に明かされてはいないし、こよりが「いい子」であり真名に他人行儀に感じられる理由に隠されたものを感じる。
ラスボスではないだろうけど、こより夜禍化エンドは嫌だなあ。

自室の天井から外した空のパネル、これは茉莉に「空を見せる」約束につながるのか、そして蒼乃との約束「姉さんに幸せになってもらいたい」
依人は二つの約束をどのように果たすつもりだろうか。約束に縛られて祐一化しなければ良いのだが。
以下、勝手な想像につき反転
依人は「蒼乃と二人で一緒に幸せになろう」と言っていないような気がする。
細かい設定は置いといて、剣の力か夜禍の血か蒼乃記憶消去の上で人間化、依人は自動的に紙に還る、夜明けの空を見ながら茉莉消滅、蒼乃はリセットされた真名とこよりと出会う。
もしゲームシナリオだったら、個人的には一般人の真名に幸せになってもらいたいところ。しかし真名=本当の名前は別にある? こより=紙縒りで紙人間だと考えると、結末が恐ろしくもある。


脚本は久弥直樹。大詰めを迎えて味わい深い。
絵コンテ・演出・作監は菊池聡延が大車輪の活躍。ノーマッド所属だと思ったけど、ちょこシスやローゼンでも描いてます。

DVD第4巻に収録されるTV未放送編は水着&温泉回とのこと。脚本は上江洲誠。
sola color.I (初回限定版) 6/22発売予定(Amazon)
sola color.II(初回限定版) 7/27発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

sola 第11話「ムソウレンガ」

sola 第11話「ムソウレンガ」

sola 第11話

「ムソウレンガ」茉莉と依人は何をするつもりなんだ!?辻堂の剣を使って、全てをありのままに戻そうとしているらしいですけど、嫌な予感がしてなりません。家に戻ってきた依人は、蒼乃に姉さんに幸せなってもら

sola 第11話「ムソウレンガ」

絶対…忘れないから…わたしは――。幻は夢のようなもの、夢から覚めれば消えてしまう…夜が見せた幻の存在は、夢と消えゆく――。夜のとばりが降りるともに…静かな終わりのはじまり…依人の出した答えは、すべて

■sola 第11話「ムソウレンガ」

 前回も一生懸命に走っていた真名、今回はそれ以上の気持ちをもって、依人が居る筈の校舎屋上を目指すのでした。  真名があんなに必死になって走っていたのに、その気持

sola 第11話

依人の存在が皆から忘れられていくお話。真名と依人の夕陽のシーンは切なかったです。こよりと蒼乃も同じくで、もう会えないと感付いてて別れるって辛いですね・・・。依人は自室の天井に貼ってある空の写真を剥がして退去の準備。というか、依人自身は完全に消え....

sola 第11話 「ムソウレンガ」

「答えは見つかった?」「ああ。戻そう、姉さんを。全てを在りのままに…」依人と茉莉は蒼乃を人間に戻す気なんでしょうか?

sola #11

全てを元に戻す。茉莉と依人は、そう決意しました。2人の考える元の状態と、蒼乃が考える元の状態には食い違いがあります。そんな緊張感の中、クラスのみんなから依人の記憶が消え始...

sola 。。。。 第11話 ムソウレンガ

やはり 辻堂&繭子は 円満に ご退場してしまった、謎の刀を残して。夜禍に効く聖剣?が どんな由来で どの様にして入手したのか? は、謎のまま。ひょっとすると そんな謎までは 触れないで ただ単に 対夜禍用真剣程度の扱いのままで ラストまで行ってしまいそうだ。...

sola 第11話

『ムソウレンガ』色を失っていく世界。それは、赤く染まる夕暮れに、まるで抗うかのように……。ついに、依人の記憶が、この街の人々から消えていきました。このあたりのプロセスというかトリガが微妙で(蒼乃にその

sola 第11話・「ムソウレンガ」を見て寸評

 石月姉妹の猛反撃!しかし遅きに失した感がありあり…蒼乃とこよりの絡みが、今更ながらに中原・清水ペアだと気がついて頭を掻きむしっている今日この頃、皆さんご機嫌いかがでしょうか。僕は久々に酒を補充して良か気持ちです。 蒼乃に折り紙の折り方をせがむこよりの姿

sola 第11話 「ムソウレンガ」

俗に言う○○の無駄遣いではなく本当にこれは久弥の無駄遣いでは?せっかく超展開要員である久弥の担当回なのに大した進展がない。前回までの話と次回以降の話を繋ぐクッションに近い感じ。勿論、記憶の問題とか色々と重要なこ

sola/11話 ムソウレンガ

美しく鮮やかな夕日でした・・・。

sola 第11話 「ムソウレンガ」

sola  現時点での評価:2.5  [七尾奈留]  テレビ愛知

sola 第11話「ムソウレンガ 」

出て行くとは言え、天井の壁紙を剥がしてしまうのは少し勿体無い気がするなぁ…。真名に感情移入できなかったせいか、別れの場面で特に感動することができなかった…。明らかに感動場面だと分かってるのに、そんな冷めた心が少し寂しいぜ。よくも悪くも、無関係ながら奔走..

sola 第11話 「ムソウレンガ」

四方茉莉から全て聞いたと森宮蒼乃に告げる依人。蒼乃は、動揺しませんね。やはり、知っていたのです。敢えて聞くのは、依人が自分に隠し事をしていないか確かめる為。

sola 第11話 「ムソウレンガ」

今回も黒こよりは健在!!!! 先週の次回予告に引き続いて黒こよりは黒いとこ見せているが必ずオチがあるので笑うw さて、正に紙展開という衝撃的な事実を明かされた後に懸命に日常に戻ってゆく依人。周囲の人物が依人のことを忘れてゆくのは茉莉のせいなのか。蒼乃姉さ

Sola 第11話 「ムソウレンガ」

ル「さて残す所あと2話だな…。もっと続けて欲しかったこのアニメ」ス「ツバサクロニクルみたいに再放送して、その間にあと12話作るって手があるよ!」ル「確かにそれは良い案だと思う…」カ「

『sola』 第11話 観ました

今回は“〆の前の静けさ”と言ったところでしょうか?依人と茉莉さんはこの事態に決着をつけるべく重大な決断を下したのですが…今回の流れはその決断したあと、それを実行する前の決別を描いたものでした。それにしても、蒼乃さんは依人を造り出してからどんな記憶操作をし

sola 第11話「ムソウレンガ」

石月姉妹はホントにいい子たちです!(o-´ω`-)

アニメ sola

「ムソウレンガ」おいおい、どうなっちまうんだよコレ?主人公ヨリトは人間としての存在自体が消失し。魔法が解けたかのように人々の記憶から消えていきます。ご近所の親しいお付き合いをしていたマナからも。

sola 第11話

第11話感動してしまった!!

sola 第11話 「ムソウレンガ」 感想

                     11話を観る前に言っておくッ!                    おれは夜禍の力をほんのちょっぴりだが体験した           い…いや…体験したと

sola 第11話「ムソウレンガ」

今日も夜明けがきて,一日が始まって.だけど違うのは,明日にはもう,あなたはいないってこと.

[アニメ]sola:第11話「ムソウレンガ」

    真名の泣き顔、最高だよ。 依人は一度、日常の中に戻った。でも、繭子いわくそれは辛い選択だそうで、結局は街を出て、蒼乃と生活することを選んだようです。繭子もきっと同じ場所ではないでしょうけど、街を出て行く決心をつけた。 もう....

sola11話「ムソウレンガ」感想

昔の久弥作品(kanon除く)をやっていない自分から見れば、今回はどうもCLANNADの風子シナリオっぽい雰囲気を感じました。まぁ、ここら辺の考察は昔からその方面に強い方にお任せしますが。齢18の人間が10年近く前のエ

sola第11話「ムソウレンガ」感想

終盤にきてすっごい展開を見せているこのアニメ。それなのにこんなに見るの遅れてしまった・・・。でんすけ⇒solacolor.初回限定【アニメ】BANDAIVISUALBCBA-2944早速感想。やばい、最後の最後までこいつら視聴者に休む暇を与えないつもりだな!!依人の存在が学校のクラ...

sola 第11話「ムソウレンガ」

sola〜オフィシャルサイト〜前回、すべてを知った依人。茉莉と共に蒼乃を元に戻す(?)ことに決めた様子。けれど、蒼乃には町を出てやり直そうという説明をしています。せっせと荷物をまとめる蒼乃は、こよりにもお別れをしていますが、繭子や辻堂の話しなどを聞い....

sola 第11話

ごめんなさい、今週は感想になりません。コレを上手く文章にする力はとてもじゃないけど・・・とても静かな展開ですがsola第11話です!! sola color.I (初回限定版)花田十輝、古賀誠 他 (2007/06/22)バ

sola 第11話「ムソウレンガ」

想いは朽ち果てていく。

sola 第 11 話

なんか…深刻になってません???

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by 黄昏の使徒
  • 2007/07/01(Sun)18:39
  • Edit
初めまして・・・私も楽しみに見ていました。ですが、依人の謎も明らかになりましたね。彼は人間では無かったから、そして、依人達の家も、学校生活も全て幻・・彼に恋をしていた彼女も記憶が消されてしまい、友人たちも「依人ってだれ」と忘れていた事・・・儚いですね。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/07/01(Sun)18:51
  • Edit
コメントありがとうございます。

忘れられる、記憶から失くなる痛みは、見ているほうもつらいですよね。それをあえて選択する依人の結末はどのようになるのでしょうか。

このままのラストだと、真名とこよりも切ないままです…

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]