忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ひとひら 第12幕「ありがとう… ございました!」(最終話)

佳代ちゃんの留学で打ちのめされ、野乃たち先輩の卒業を目前にしても立ち直れないイジイジした麦を描きつづけ、「私の戦いはこれからだ!」的にまとめたのは、ちょっと尻すぼみ気味だが、まあまあか。小さくまとめてしまった印象は残る。
第二期を目指して落としたのであれば良いのだが、このシリーズだけで見ると学園祭の主役舞台以降の話数は冗長にも感じる。

予想外だったのは、美麗の保管していた衣裳を誰も着ないままに終えたこと。
イメージ映像では舞台の野乃に着せたシーンはあったが、思わせぶりな伏線の割にはぐらかされた感あり。
卒業記念の舞台とか、卒業生送別の舞台があるのかと思ったが、それもなし。
衣裳を着た麦の舞台で締めるのかと思ったが…

Aパートは煮え切らない麦と、周囲に流れる慌ただしい日々に終わる。
オリナルも終盤にきてキャラ立ちしてきたが、桂木に告白して自爆エンド。
原作での設定は知らないが、もし二期あるのならオリナルに幸ある設定を。
シリーズ全体では麦の内面描写とモノローグに偏重して、サブキャラの立て方が不足気味。
野乃は、この第一期は「野乃編」に近いウェイトであったから、過不足なく描かれていた。

Bパートは麦と野乃をイメージ映像を用いて描くが、少女趣味的ではある。
イメージ映像も観光写真的でCG多用の背景と併せてソリッドに感じる演出だが、もう少しウェットで叙情的でも良かったかもしれない。

エピローグは新年度、「先輩」と呼ばれる立場の麦。
甲斐は美術やっているようだが、オリナルと麦は演劇なのだろうか?含みを残してエンディング。
チャンスがあれば第二期を期待したいところ。
XEBEC M2 もXEBECの別スタジオとは言え、独自色が強い。武蔵関の本橋スタジオと言った感じ(だからM2なのか?識者の解説を求む)
来期は毛色の違うZOMBIE-LOANを同じ西森監督で手がける。
今後も無理のない範囲で自社制作を続けてもらいたい。
ひとひら 第1巻
ひとひら 第1巻 6/22発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ひとひら 第12話 「ありがとう…ございました!」

アニメ名:ひとひら話  数:第12話タイトル :「ありがとう…ございました!」評  価:smash:★★★★☆プラス+:★★★★☆

ひとひら 12話レビュー

完全な予定調和。その枠から1歩たりともはみ出していない。というのは良い意味にも悪い意味にも取れるけど、う〜ん、って感じ。まぁ終わり方としてはこれ以外には無いわな。だってもう最終回だし。予想以上に小さく纏まってい

ひとひら 第12話 「ありがとう…ございました!」(最終回)

ひとひら  現時点での評価:3.5  [サクセスストーリー]  AT-X

ひとひら 第12話

第12話最高の最終回。ラストは鳥肌ものです!!!!

ひとひら 12話 「ありがとう…ございました!」感想(終)

ひとひら 第1巻ひとひらも今回で最終回。1クールの短さを感じ、名残惜しいような気持ちもありますが、これぐらいの長さで丁度良かったと思います。原作はまだ続いてるようなので、二期に期待、というところでありましょうか☆結局告白しなかった、へタレ桂木と野乃さん...

演劇に出会って良かった…この学校で良かった@野乃

■『ひとひら』 #12 「ありがとう…ございました!」 AT-X脚本:笹野恵 絵コンテ:西森章 演出:松本マサユキ 総作画監督:本橋秀之 作画監督:古田誠【コメント】ちとせ(やぶさきえみ)撃沈!桂木(成田剣)の思い人が野乃(川澄綾子)なのは承知でコクりまし...

ひとひら 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!」

ひとひら 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!」

ひとひら 。。。。 第12幕 ありがとう…ございました!(最終話)

もともとは、我が麗しの 雪野五月さま が 出演なさる というので見た作品ですが、当初、ライバル役との設定でしたから 最後は 和解して ストーリーも お開きか? と 想像したりもしました。ですが、文化祭後の ストーリーでは 親友とは 何か とった ある意味 カタチ的な....

ひとひら 第12話「ありがとう・・・ございました!」

ひとひらもついに最終回。残すは卒業式。見所はちとせの告白、野乃×美麗、野乃×麦かな。それでは第12幕の感想、まいります。

ひとひら 最終回

『ありがとう…ございました!』うおおおおぉ、ちとせぇぇぇ〜〜〜。・゜・(つДT)・゜・ちとせの告白シーンは、マジで息を呑む思いで見入ってしまいました。正直、最終回は、ちとせが全部持ってったって感じで

ひとひら 第12幕 「ありがとう…ございました!」

オリナル、告白前のプレッシャー。あのオリナルでさえ、プレッシャーを感じているのね。

ひとひら第12話「ありがとう…ございました!」感想

ひとひら最終話。毎回のように最終回のような感じでしたが、今回は本当の最終回・・・どんな終わり方になるのかな・・・??DVD ひとひら第2巻(7/25発売予定)早速感想。うわっ・・・泣けそう。・・・って言いたいけど、ここ最近ほどではないかな。麦の成長に万歳って感..

ひとひら #12 (最終話)

今期の個人的ダークホースでかなり心に残った作品になりました!!なんかスタッフの気合を最終話に見たwwwぜひ原作が溜まったら第2期をお願いします!!!!ひとひら、最終話です!!本当に"ひとひら"あり

ひとひら

第12話(最終話) 『ありがとう・・・ございました!』  えっと最終回と云う事でカキコしますねっ、この作品のOPから最高ですよねっ!ビバ!アニソンって所でしょうかっ!無意識に口ずさんでるぐらいお気に入りですな

ひとひら 第12幕 ありがとう…ございました!

神奈 ちとせ(オリナル)私、先輩のこと、本気で好きです!!やっぱり桂木先輩は野乃さんを選ぶかぁ。オリナルが完全に無理だってことは半分分かっていたけれど、本当に桂木先輩が野乃さんに惚れ

ひとひら 第12話(最終話)「ありがとう…ございました!

私にもずっと続いて欲しいって夢が出来たんです。ひとひらって夢が――。麦の声を野乃が訊いたことから始まった話も最終幕。卒業していく野乃たち、残る麦たち、それぞれの道に歩き出す…野乃と美麗の夢。麦たちの夢――

[終]ひとひら #12「ありがとう… ございました!」感想

最終回は少しアニメオリジナルを含んでいますね野乃先輩がいきなり謝りだしたーオリナル全身全霊の告白キタ━━━(゚∀゚)━━━いつもの早口言葉でいつもの自分に戻るこれは泣ける(ノ∀`)卒業していく先輩に何かしてやりたいと思う麦屋上での野乃先輩と麦の掛け合い(;´Д

ひとひら 第12幕(最終回)

最終回の第12幕は、野乃達が卒業していくお話でした。私が見ている中では今期最初の最終回。ちょうど1年を12話で描いて、最後もしっかりまとめてくれました。演劇部主催の合格祝賀会。皆一応何らかの大学には合格しているらしいですが、理咲だけは合格してい....

アニメ感想 〜ひとひら 第12話(最終話)〜

ありがとう・・・ございました!麦が野乃さんを屋上に呼び出し前回のくだりからすると普通告白を想像してしまうものです(^^;なんか今回(も)BGM良いですね〜これは月末発売のドラマCD野乃編に収録されているの

ひとひら 第12幕「ありがとう・・・ございました!」

「そして最終回。人はいろんな思いを残して去っていくもの。ただそのときが来ただけっていう、麦ちゃん。そのとおりです。心残りというものは、どうしたってやっぱりあるものです。記憶は、自分の勝手にはできないから

[アニメ]ひとひら:第12話(最終回)「ありがとう・・・ございました!」

    やっぱりひとひらは期待を裏切らない。 それぞれの想いを果たして、別れを待つ。この寂しさの前のスッキリ感というのは心地良い。まずはちとせの告白。玉砕覚悟の上だったけど、何もしないで一方通行の片思いだけで終わってしまうよりは断然....

『ひとひら』第12話(最終回)

ひとひら - livedoor Blog 共通テーマ “野乃”や“美麗”たちの卒業式を控えたある日、演劇部主催で彼女たちの合格祝賀会が行なわれる。その席上、勝手に演劇部を脱退したことを詫びる“野乃”。演劇部員たちも水に流し、“野乃”はようやく胸のつかえが取れたと安堵す...

(アニメ感想) ひとひら 第12話 「ありがとう…ございました!」

夢、ひとひらこの学園に入り、最初の一年が終わろうとしていた。演劇研究会に入り、仲間達と過ごした一年・・・そして、それぞれが選んだ道へと進むため、去り行く者達。麦は、卒業する先輩に何が出来るのか考え続けていた・・・。

ひとひら 第12話「ありがとう…ございました!」(最終回)

ひとひら卒業式が迫る中、麦は知ってしまった、当人同士はお互いに知らない榊さんと一ノ瀬さんの本当の思いを何とかして伝えたくて、その手段に悩んでいるところから始まりました最終回。演劇部の送別会に演劇研究会も誘われ、早々に榊元部長に部員たちが想いを告げる中....

ひとひら 第12幕(最終話)

第12幕『ありがとう…ございました!』 野乃、桂木が合格、美麗もすべり止めに合格し、 演劇部主催のお祝いパーティーに御呼ばれする麦。 演劇部が二つに分かれたことを陳謝する野乃。 ちとせは桂木がトイレに立ったのを見計らって 思いを打ち明けに行くが、 桂木が野乃

ひとひら #12 『ありがとう…ございました!』

タイミング的には良いところで終わりましたね。原作でも、ここで「第一部終了」みたいな感じだったのではないでしょうか。しかし…正直、結末としてはちょっと物足りなかったです。アニメでは麦が野乃への "お返し" を果たせたところで終わりましたが、卒業まで..

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]