忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

神曲奏界ポリフォニカ 第10話「バラード 愛憎の決着」

今まで何度か登場の謎の神曲楽士ディーレンと、その精霊メイルリートの決着編。
大迫純一の脚本はシンプルに書けている。
ただ各話ブツ切り構成だから、以前の登場回でのエピソードが何の伏線にもなっていないのが難点。この1話でバタバタとまとめる事になるから、少し悲しい過去の出来事にも深みが出てこないのが惜しい。

何のヒネリも無く、シャムラ土木から依頼を受けたツゲ事務所が、廃屋の解体工事に取り掛かる。それを妨害するディーレンとメイルリートにより、レンバルトが軽傷を負う。
ツゲ事務所総動員で、再度のチャレンジ。双子ちゃんを囮を使った隙にフォロンとコーティが廃屋に先回りし、そこでの発見と対戦。

設定が少し変。
ディーレンの妹は火事で死んだから残して、単身楽団だけ火中から回収してきたメイルリートの行動も不可思議。ディーレンでなくとも怒らないか?
死んでいたとしても、遺体を回収するのが常道ではないかな。
契約精霊を憎んで負のエネルギーで生きてきたディーレンの事は理解できたものの、契約解消に至らなかった肉付けが無いので、お互いのカタルシスは得られない。
元々敵キャラの後付け設定のようにしか思えない。

画はもう慣れたが、スタジオ九魔のグロス。少ない動画枚数をパンとかエフェクトでカバー。
今回は演出が変。
絵コンテだって誉められはしないけれど、ツゲ事務所一同の出陣と見送るシャムラ土木の従業員は大げさではないか。
決行前日の「雨、上がったね…」とコーティに語りかけるフォロンのシーンは良かったのに。
どうもバランスが悪い。
脚本が「良いお話」にまとめたいのに、違う方向に足を引っ張っている。
力強いストーリーであれば気にもならないのだが、弱々しい微妙なレベルの脚本だから出来上がりが危なっかしい。

ディーレンの神曲がずっと前から届いてなく、オルゴールに擬して「何年もほったらかしで、錆びてボロボロ」のメイルリートの今後と、「借りは必ず返す」と啖呵を切って去ったディーレンの物語は、実は投げっぱなしで終結してはいない。
あと2話でフォローする気があるのか、投げっぱなしで終わるのかも注目したい。

次回のマティアとマナガに少しだけ期待しておく。
原作にあった、歌う精霊の改編脚本になるのかもしれない。

ApocryphaApocrypha

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

神曲奏界ポリフォニカ 第10話「バラード 愛憎の決着」

神曲奏界ポリフォニカディーレン…思い込みが激しそうとは思ってたけどココまでとは!(笑やっぱり長く生きているだけあって、コ−ティのあの余裕は流石。でも、地面に落とされてたりするのはナゼでしょうね…:ま、神曲なしのメイルリートもそれだけ必死だったって...

神曲奏界ポリフォニカ 第10楽章 「バラード 愛憎の決着」

コーティカルテの悲しみで動く者は、優しい。怒りで動く者は、強い。憎しみで動く者は、常に愚かだ。まあ、そのとおりです。憎しみで動く者は、煉獄へ誘う。

神曲奏界ポリフォニカ 第10楽章・「バラード 愛憎の決着」を見て寸評

 とりあえず、この作品の最大の謎かも知れなかったアカツキ・ディーレンの、異様なまでのメイルリートへの扱いの意味が分かった。何しろ前半から絡みに絡んできたものだけに、ここで解決したのはスッキリ。 妹への強い思い、そして裏切られたという誤解。メイルリートも何

神曲奏界ポリフォニカ 第10楽章 「バラード 愛憎の決着」

アカツキディーレが精霊を憎む理由が語られた今回の話前回との流れを考えるとあまりに突飛なスタートでちと戸惑ったコーティの名言めいた言葉が印象的でしたね〜<アニメ 感想 神曲奏界ポリフォニ

第10楽章 「バラード 愛憎の決着」

いよいよ今回を入れて残す所、後3話となった神曲奏界ポリフォニカですが、さすがに制作サイドも最後にはストーリーをまとめないといけないと思ったのか、ここにきてようやくこれまでのストーリーを収束すべく、まともな

神曲奏界ポリフォニカ #10 「バラード 愛憎の決着」

ボウライをイヂメないでー!! ↓ ↓

神曲奏界ポリフォニカ 第10楽章

「バラード 愛憎の決着」 アカツキ・ディーレンの憎しみの原因のお話 どうなんでし

神曲奏界ポリフォニカ 第10話

今週はディーレン・メイルリートコンビのエピソード混じりのお話。赤い子とフォロンがベッド一つある部屋で二人っきりだから良からぬ妄想をしたが何もないのな。

神曲奏界ポリフォニカ/10話 バラード 愛憎の決着

アカツキ・ディーレンとメイルリートの過去が明かされた10話。

神曲奏界ポリフォニカ 第10話

第10楽章「バラード 愛憎の決着」 コーティの説教がもっとほしいなー前回のが割とよかったな、うん

神曲奏界ポリフォニカ 第10楽章「バラード 愛憎の決着」感想

ポリフォニカ。最近結構面白いと感じるけど、今回はどうなんでしょうか?【ご予約受付中】12月5日発売!DVD神曲奏界ポリフォニカ6【初回限定版】(完)早速感想。う〜ん、相変わらず急なお話です。しかも作画にびっくりなくらいの差が。さて、どこから突っ込むべきか。胡散...

神曲奏界ポリフォニカ 第10楽章

第10楽章『バラード 愛憎の決着』 ディーレンは昔、 妹の遺体を病院から盗み処分となっていた。 妹は屋敷の火災で亡くなり、 それをメイルリートのせいにして ひどい扱いをしている、と。 助けに行ったメイルリートは 妹を助けずに単身楽団のみを取り出したが、 妹は

神曲奏界ポリフォニカ 。。。。 第10話 バラード 愛憎の決着

やっぱ コーティーは 爆乳モードが 一番でしょう。アカツキとメールリートの 悪党コンビも これで 終止符?そんなに簡単に 改心されては 世の中の 悪党キャラが 嘆きます。もっと 気合を入れて 悪党道を演じてくれないと この手の話は これから つまらん。まっ、...

神曲奏界ポリフォニカ 第10話「バラード 愛憎の決着」

精霊を道具扱いするディーレン。6年前の事故で肉親を失ってから精霊を恨むようになった…そんな神曲楽師の神曲には何の力もないのに…神曲が無ければ衰弱するのにずっと彼の傍にいたメイルリート。憎しみだけで生

神曲奏界ポリフォニカ 第10話「バラード 愛憎の決着」

神曲奏界ポリフォニカ 第10楽章「バラード 愛憎の決着」

神曲奏界ポリフォニカ #10「バラード 愛憎の決着」感想

コーティのあぐら姿いいですなぁ(;゚∀゚)=3手が足みたいになってますけどねwwアカツキの過去が明らかになんか思っていたよりもかわいい理由だなぁ(かなり失礼アカツキは明確な敵って訳じゃなかったしいや、そもそも敵を倒す=ハッピーエンドな話じゃないのでこれからど

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

無題

  • by サトシアキラ
  • URL
  • 2007/06/06(Wed)23:29
  • Edit
 どうもこんばんはです。よく見ても見なくてもツッコミどころは沢山ありますね^^;

>オルゴールに擬して「何年もほったらかしで、錆びてボロボロ」のメイルリートの今後と、「借りは必ず返す」と啖呵を切って去ったディーレンの物語は、実は投げっぱなしで終結してはいない。

 てっきりメイルリートが消滅しかかったりしてディーレンが目を覚ます…とかいう妄想をしていましたが、見事に裏切られました。

無題

  • by wataru
  • URL
  • 2007/06/07(Thu)09:03
  • Edit
サトシアキラ様、どうもです。

細かいツッコミにも疲れてきました…
中途半端に消えたディーレンたちには、はしごを外された感じ。
次回、マティアとマナガもそんな扱いで終わる危険が…

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]