忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

天元突破グレンラガン 第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

第3部の第2話目だが、展開が早い。
スピーディーだが筋をなぞるだけではなく、突然の「反螺旋軍」と対峙する事になる新政府、その首脳となったシモンやロシウたちの葛藤を丁寧に描く事も忘れていない。
サブキャラもそれぞれ、重要な役割を担って動く。
それにしても、シモンに対するギミーの「時代が変わった事に気づけよな…」との独白は、結構インパクトがある。
昔ながらのやり方のままグレンラガンで前線に出てくるシモンの、自分で願ったわけでもないのに生まれた世代間ギャップ。
カミナと目指した地上が月が、そして繁栄をもたらした人類が、シモンの夢を遮る事になる現実。
ほんのさっきまで「ニア」と呼ばれていた最愛の女性が、アンチスパイラルが送り込んだ仮想生命に過ぎなかった衝撃。しかし突然の事に、彼はまだ実感できていないのかもしれない。

ロージェノムが隠したままの真実、ニアが告げるアンチスパイラルからのメッセージ、秘密がそれぞれロシウとシモンに語られる。
並行しながらクロスして収束する、このBパートの構成は巧みだ。
螺旋力を持った人類とアンチスパイラルの争いに人類は敗れた事になっている。
監視された人類が100万人を超えると働くセンサーにより、アンチスパイラルの人類抹殺プログラムが起動し「ムガン」と名付けられたロボットが襲撃。最終的には3週間後に月が地球に衝突する。

人類最後の3週間をどのように戦うか、人々の日常はどう動くのか、若い新政府の対応は、見どころは多い。
「誰かがケジメをつけなくてはいけない」
人々の暴動に、ロシウの取った手はシモン逮捕。予告だと裁判までするようだが、なかなか上手い構成だと思う。
どの方向で話を書くのかわからないが、シモンとロシウの単純な和解はないだろう。但し民衆を抑えるためのロシウの芝居って事はあり得る。
今回の事件が持つ意味と、あのアダイ村の聖典の類似を忘れているわけではあるまい。

娯楽性を求めるシナリオに振ると、シモンが脱獄してヴィラルと反政府軍に合流とかだと燃え展開。
地下の穴倉からシモンを地上に導いたのがカミナとヨーコだったように、この混沌の3週間を切り開く鍵はヨーコが握っているような気がする。
今回ヨーコは出番なし。ココ爺に檜山修之のクレジットがあり、意外。

天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)天元突破グレンラガン2天元突破グレンラガン 3
天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版) (Amazon)
天元突破グレンラガン2 8/22発売予定(Amazon)
天元突破グレンラガン 3 第6話(解放版)「見てえものは見てえんだ!!」収録 9/26発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

今更今後の設定をグダグダと引き延ばしてもしょうがないのでサクッと説明終了。 今後の展開を鑑みればこれぐらいで良かったと思います。 とりあえず戦いの構造自体は至極単純なモノでしたよね。 地下に人を押し込んでいたの

天元突破グレンラガン 第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

なにぃぃぃぃぃー!?ロージェノム生きてたのか!! 生きてたというよりはテッペリン陥落後に回収されて再生された感じですが。 っていうかロシウはこれも極秘でやってたのね。 どうでもいいけどあくびするロージ

天元突破グレンラガン 第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

「人類殲滅システム」  の発動を宣言する黒ニア(;゚∀゚)=3  思いもよらない人物の言葉に動揺するシモンたち。  敵を撃退したシモンは真相をニアに聞くべく、街中を捜す。 そして、シモンの前に現れたニアは「決別」を告げる。  一方のロシウもニアの言....

天元突破グレンラガン 第18話

 変わってしまった時代。変えたのは自分たち。  でもシモン君は、心の中ではまだ変わってほしくないと思う気持ちが少なからずありました。あの日を忘れたくないから。過去を否定はしたくないから。

聞かせてもらうぞこの世界の謎を。 ニア、お前はどこにいるんだ・・・あれは、本当にニアだったのか・・・

 これは、運命に裏切られながらも、自分の道を探し続ける男の物語。 人類殲滅システムの発動。人々の不安。【ニア】からの宣戦布告。今の暮らしが大事なのか・・・。混乱する新政府。【ロシウ】はある生体コンピューターを起動する。目の前には【ロージェノム】の姿がある。その頃【シモン】は【ニア】を捜していた。【ココ爺】も残されていた。携帯もつながらない。帰って来てくれよ【ニア】・・・。そんな【シモン】を【ギミー】と【ダリー】が「グラパール」で迎え来た。帰還命令。「グレンラガン」は地上のシンボルであり、力の象徴なのだ。な...

天元突破グレンラガン 第18話 聞かせてもらうぞこの世界の謎を

《SEO:ニア 7年後 グレンラガン レビュー 感想 第18話》

天元突破グレンラガン #18

アンチスパイラル、そして戦士ロージェノム・・・ 色々わかったことが沢山あります。 天元突破グレンラガン第18話です!! 天元突破グレンラガン2中島かずき; 錦織敦史; 吉成曜 (2007/08/22)アニプレックス この商品の詳

天元突破グレンラガン 18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

『螺旋王ロージェノムの予言通り、地上の人間の数が100万人になった瞬間に現れた正体不明の兵器。そして人類に宣戦布告したのはシモンたちにとって全く予想のできない人物だった。かろうじて敵を撃退したシモンは真相をただす

天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

前回は気づかなかったんですが・・・ ダリーがめちゃ可愛いです(*´▽`*) しっかりした性格もポイント高しw ヨーコがいなくて寂しかったですが、ダリーのおかげでなんとかなりそうですw

天元突破グレンラガン 第18話「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

夜が降りてくる。

天元突破グレンラガン 18話『聞かせてもらうぞこの世界の謎を』

ニアがアンチスパイラルを名乗って人類殲滅宣言をし、シモンはその 真意を確かめるためにニアを探していました。

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

天元突破グレンラガン2 地上の人類が100万人を越えた時、現れた兵器。まさにそれは、ロージェノムの予言どおりであった。そして、人類へと宣戦布告したその人物は・・・。

天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

天元突破グレンラガン   現時点での評価:3.5〜   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30〜   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   キャラデザ : 錦織敦史   メカデザ : 吉成曜   アニメ制作 : GAINAX   全26話  ....

【シモン】天元突破グレンラガン18話『聞かせてもらうぞこの世界の謎を』【ニア】

3部になってますます熱くなり続けるグレンラガン。今回はネタバレ回。 かつて螺旋族(人間)と反螺旋族の戦争があって螺旋の戦士:ロージェノム)側は敗北。 ガンメンそしてグレンラガンは螺旋族側の兵器だった。 螺旋族は

天元突破グレンラガン 第18話

■天元突破グレンラガン■

天元突破グレンラガン 第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

地上の人間の数が100万人を超え、出現したアンチスパイラル。 宣戦布告を告げたのは、アンチスパイラルと化したニア。 螺旋とアンチスパイラル――真相が明かされる時…。 ロシウは冷徹な決断をくだす…。 今まで隠さ

天元突破グレンラガン  第18話 「聞かせてもらうぞこの世界の謎を」

月が落ちてくる。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]