忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

もえたん 第5話「小さな思い出」

かーくんが涎垂らすほどのエロ演出はなかったが、少し真面目に「いい話なんて作ってみました」回。でも折々のギャグとパロネタは、シュールさを増している感もある。
今回も絵コンテは川口監督。
えーっと、この魔法幼女物語に賭ける情熱を、もう少しハヤテ君にも回してあげて欲しいところだが、大艦巨砲主義的な小学館よりも三才ブックス・バンダイ・ランティスの三国同盟軍を指揮するほうが似合っている気もする。
実際の製作委員会(ぱすてるインク応援団)は、バンダイビジュアル・プラネットエンターテイメント・アクタス・博報堂DYメディアパートナーズの4社。
アクタスも出資しているから、そりゃ制作の気合いも違うと言うもの。張り紙ネタで愚痴垂らしながらも、頑張っている。

アクタスは編集屋さんとしての知名度は有ったけれど、制作は関連会社カラクの悪いイメージが残っていたが、今回は良い方だろう。そんなに動きを要するコンテ切ってない感じだし、制作には優しそう。変身バンクがキチンと出来ていれば良い。
さて、その変身バンクだが、今回もすみのバンクなし。
変身済みで、空から降ってきた。
せっかく作ったのだから、使いどころを見つけて欲しいものだが、エロ過ぎて無理なのかなあ。

シナリオは相変わらずゆるゆる。
某女子制服月戦士の「うさぎちゃん!事件よ!」って言ってみたかっただけのあーくん、「シャボン何とか」って呪文詠唱のいんくと、好き放題。
現在でも過去でも「コスプレのお姉ちゃん」と呼ばれるシュールさ加減は忘れていない。

今回はありすの魔法で過去に飛ばされたいんくとあーくん。
幼時(今と体型が変わりない気がするが)のすみ、女子高生だった瑠璃子さん、チビッコのナオ君と公園で出会う。
小さいすみにマジで英文法教えたり、ゲームに興味もなかったナオ君に携帯ゲームさせたり、すみの英語嫌いとナオ君のゲーム好きは、この時ににいんくが過去に干渉したから発生したと言うオチ。タイムパラドックスなんてどこ吹く風。

泣き出したすみをチャリで迎えに来た瑠璃子さん。この人はあまり変わりが無い。
でもこの頃から黒かった。すみに「帰ったらみっちり教えてあげる」と言う顔は、何故か翠星石っぽい。青い子じゃないのか。
かと思えば、いんくがナオ君に教える例題は「緑の子はいらない子」
あっちの翠の子なのか、ありすの事なのか、それともダブルミーニングか。

ダンディーと警官は当時も追いかけっこしてるが、ガンダムバナーの上井草商店街だろうか。
いんく母は今も昔も変わらず。
いんく(大)と、いんく(小)とは出会わない設定にしてあるのが細かい。
空に飛ばされた赤い風船の切ない想い出と絡めて、いんく(小)の知らないところで、話が動いている。

英語の授業は「最終回に全米が泣いた!」と和訳するナオ君。
“You can only read Saki Sensei's Comics in ●●●● ”を訳せなかったすみ。
ナレーションでは伏せ字を JUMP と発音していたが、今話の脚本家先生と同じ脚本の有名な乳首追加コミックスの事なので、あえて訳さない配慮。
Cパートは、「大絶賛現実逃避中」の制作スタッフ。
例文は「敵の攻撃にむかつき、携帯ゲーム機ごと叩きつけたらゲーム機が壊れた」と長い。

もえたんエンディング「スキップ!」

EDテーマ「スキップ!」 8/22発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

もえたん 第5話 「小さな思い出」

うさぎちゃん事件よー。 って、あーくんは猫じゃないしネタ古いと(^^; インクは溺れた子供を助けるとコスプレのお姉ちゃんて言われるし(笑) すみは泳げないのに飛び込むなと… それはともかく、インクは、なぜか過去

アニメ感想 〜もえたん 第5話〜

小さな思い出 [[attached(1,center)]] インク先生効果で英語が理解できてきたナオ君 あれで理解できるからさすがです☆ 全巻初版で買っているすみ、初版にこだわるその気持ち分かりますねぇ うさぎちゃん!事件よ!! 溺れている少年とスミを救出 縦線自重(;´∀`) アリス登場 あーくん大活躍(笑) 時空ゲートで飛ばされるインクとあーくん 飛ばされた先は過去 あーくんもインクも適応能力高すぎです...

もえたん 第5話 「小さな思い出」

いんくママは若くて美人です(*´▽`*) ファンタジー番組をいんくと一緒に毎週見るのが日課なようです。 母親と一緒にこういう番組を見れるいんくが素敵だw

もえたん #5「小さな思い出」感想

最終回に全米が泣いたバロスww ジャンプって言ったよね・・・伏字意味ナス セーラームーンのパロから 負け組テレビ大阪の白い変身シーン 見てて泣けてくるね M字開脚を普通に入れてくるのナ 胸を揉むあーくん、うらやまっゴフゴフン けしからん、非常にけしからんな 過去に行って それぞれのキャラの性格に影響を与えたんですね ママ変わってなさ杉w 緑の子はいらないww 過去に行った理由が薄いせいか ここでこの話じゃなくてもよかった気がする

もえたん 第05話  「小さな思い出」

伏字にせねばならない例文はいかがなものかと…。 You can only read Saki Sensei's comics in Jump.

もえたん・第5話

「小さな思い出」 いつもの帰り道、ふと目に留まったのは空を漂う赤い風船。そんな翌

もえたん 第5話「小さな思い出」

ママとファンタジー作品を見るのが大好きないんく。 本当に高校生なんだろうか?って疑いたくなりますね(笑) おや。おやっさん先週死んだと思ったけど生きてたんだ。 今週もあーくんと謎の空間を発生させて盛り上が

もえたん 第5話 「小さな思い出」

田中里奈や鈴木麗奈が、虹原いんくや黒威すみと並んで歩いていると、高校生と小学生に見えますよ。

もえたん 第5話

第5話『小さな思い出』 キャスターが六棟すぎてわろたw いんくかわいいよいんく(*´д`*) 赤い風船が飛んじゃって駄々こねたけど 食べ物で泣き止んじゃうほのぼのかわいい思い出。 英語の授業中のすみは弱っててかわいい。 川で溺れている男の子を助けるためにやっ..

もえたん 第5話

第5話『小さな思い出』 今回は、なんかちょっといい話でした。 学校でも、変な例文で英語の勉強してるんですね・・・ どうやら、ナオ君は結構英語が出来るようになってきたようです。 逆にすみは英語が苦手なようですが・・・ 男の子が川で溺れています。 すみは何しに来..

もえたん #05

第5話「小さな思い出」。 ストーリーはどうでも良い作品だと思ってたけど、今回はちょっといい話だったね。

もえたん 第5話

今回は、いんくとあーくんが過去の世界に飛ばされるお話。 ナオのゲーム好きもすみの英語嫌いも全てはいんくのせいだったみたいです(笑)。 別に過去を弄って現在を変えたわけでは無く、既にこの段階で未来からいんくがやってくることが確定していたようで。 いんくは....

もえたん 第5話「小さな思い出」

メイドと17歳の間には何か密接な関係があるのだろうか…。

もえたん第05話「小さな思い出」感想

おバカな人間なら絶対アー君になりたいと思うアニメ、それがもえたん。もちろん自分も例外ではありません(笑)もえたん Lesson 1早速感想。早速アー君がやらかしやがった!!二人の胸にダイブしたあんたがにくい!!まぁなぜか今回は過去にいくと。もうめちゃくちゃだ...

もえたん 第05話 「小さな思い出」観賞〜^^

退屈すぎて寝た!\(^O^)/ 第5話を観賞しました〜^^

もえたん 第5話 「小さな思い出」

中身が全くない作品ってすばらしいね! もちろんいい意味でですよw 黒メイドはスミが幼少の頃からその性格で^^; スミはたくましく育ったな(´;ω;`) みっちゃんまた登場ww この謎の芝居はなんなんだ(笑) あ

もえたん 第5話・「小さな思い出」を見て寸評

 馬鹿話ばかりだと思いきや、実はハートフルな話も出来るぞという気概の表れではなかったのだろうか…かなり自信はないが。しかも、どの辺りがハートフルだったかというと返答に窮する。

『もえたん』 第5話 観ました

『敵よ!うさぎちゃん!!』 「気にするな言ってみたかっただけだ」 には吹きました! 確か、小野坂さんにはこの番組に恐ろしくハマッテ同人誌を出していた女性漫画家の知り合いがいたのでしたね。などと、恐ろしくマイナーと事を知っている方はどのくらいいるのか気になるところ…です。 まさか元ネタ自体知らないと言う方はいませんよね? ・・・ いてもおかしくは無いのだけど… さすがに例の決め台詞までは出てきませんでしたが、今回ネタにされていたのは月の水兵お姫さまでした。確か小野坂さんは出演されていたハズでう。それ...

もえたん 第5話「小さな思い出」

過去と今と。

(アニメ感想) もえたん 第5話 「小さな思い出」

もえたん Lesson 1 もえたんの感想始めました!関西では、ななついろが一週間遅れになってしまい、ついでにこれがあまり面白いくない・・・もえたんは、最近意外に面白いと言うことに気づいたので、今回から感想を書いてみたいと思います。

もえたん 第5話「小さな思い出」

もえたん 第5話「小さな思い出」

もえたん 第5話 「小さな思い出」

ザ・ドラえもん理論!

もえたん 第5話

今回のお話は、いんくさんとあーくんの2人が過去の世界へ飛ばされるというお話でした。 どうやら、いんくさんはファンタジーものが好きらしい。イメージ的にはぴったりだと思うし、ファンタジーが好きというのは自然な感じ。でも、小学生に間違えられなくなかったら、もう..

もえたん 05話「小さな思い出」の感想。

もえたん 05話 「小さな思い出」 評価: ──大絶賛現実逃避中 脚本 長谷見沙貴 絵コンテ 川口敬一郎 演出 橋口洋介 作画監督 西尾公伯(

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]