忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」

人類の進化と神の怒りの神話をモチーフに置き換えたと思える、螺旋族とアンチスパイラルの戦いも終盤。運命に抗うシモンは神に抗うことと同じか。
アンチスパイラルがランダム・シュレディンガーワープを使うこと、いみじくもダリーが叫んだ「確率を操るなんて神と同じ」がそれを暗示しているのだろう。
進化の行き着く先が制御が効かなくなったブラックホール宇宙。それはスパイラルネメシス。
女神ネメシスを引き合いに出し、人の進化による驕りと神の怒りのギリシャ神話になぞらえ、確率論や量子論も繰り出してきた第4部は、小さい子には難しいだろう。
それでも熱い戦闘シーンでバランスを取り、リーロンの「確変決めて大当たり」のギャグで、ちょいと落としてくれる。

ニアの元へ向かう超銀河ダイグレンも、合わせ鏡のような宇宙の次元の狭間にさまよう。10次元と11次元の狭間らしい。そこは知性を持つ者を幻想に捕える空間。
艦内で正気を保つのは、ブータと生体コンピュータのロージェノムだけ。
回りくどいとも思える手段でアンチスパイラルが探すのは「穴」
その想定外の「穴」は、ブータが己とロージェノムの螺旋力でヒト型に突然変異の超展開。突然変異が促す生命の進化を題材にした設定だろう。しかし知性を持った瞬間にブータも幻想の罠に捕えられる。
進化のモチーフにブータの突然変異を使ったシーンはラストの大団円で見せてくれるか、無いほうが個人的には好ましく思う。

幻想の中でグレン団メンバーが見る夢は、現実の甘い生活と螺旋の力で天を目指す道の選択を迫る。
シモンの夢には宝石ドロとグレン団の二人のカミナ。
カミナの「お前のドリルは何のためにある」の言葉を受け、天を目指すシモンにコアドリルも反応し、他のメンバーの夢の中のコアドリルに連鎖し、幻想から解放される。
合わせ鏡といっても無限に像が並ぶわけではない。その有限の先端にあるものに気づく時、幻想も終わるのだろう。

カミナをはじめキタンや先に逝った仲間たち、大切なものたちを幻想シーンを上手く利用して再登場させ、最終回前の盛り上げ、タメを過不足無く作ってきたのは巧み。
アンチスパイラルの触手上のものに消えてゆくニア。その輝く指輪を目指し超銀河ダイグレンと「待たせたな、ニア」とシモンの登場。制作に1年以上かけたこの作品も、いよいよ次回最終回。

天元突破グレンラガン 2008年カレンダー天元突破グレンラガン 4
天元突破グレンラガン 2008年カレンダー 11/30発売予定(Amazon)
天元突破グレンラガン 4 10/24発売予定(Amazon)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

[アニメ『天元突破グレンラガン』]『天元突破グレンラガン 第26話』

『天元突破グレンラガン』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさる方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第26話 『行くぜ ダチ公』。 ストーリーは…。 アンチスパイラルの罠を突き破り、つ

天元突破グレンラガン 第26話 いくぜダチ公

よくわかんないけど盛り上がってきたぁ! 《SEO:ヴィラル ヨーコ グレンラガン レビュー 感想 第26話》

天元突破グレンラガン 26話『いくぜ ダチ公』

カーミーナー(;;)!!! 後半の展開に全てを持って行かれて、前半をほとんど忘れてしまいました…。

天元突破グレンラガン 第26話 「行くぜダチ公」

ゾーシィ、キッド、アイラック、マッケン、ジョーガン、バリンボー。 そして、キタン。 何一つ愚痴るでもなく、「助けたいから助けるんだ」と、笑いを浮かべて死んでいった仲間達...

天元突破グレンラガン第26話いくぜダチ公

「キタンや仲間の意志を受け継ぎシモンは無限の螺旋力と共に超銀河グレンラガンでアンチスパイラル立ち向かう…」「天元突破グレンラガン第26話いくぜダチ公」「先週の感想は?」「ツッコんだら」「超銀河ギガドリルブレイク」「なの」「…ブータがロージェノムの螺旋力で...

天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」

「そんなものが効いてたまるか」って! 敵がグレンラガンに投げてるのって星じゃないですかシモンさん(笑) 避けもせずに全て防ぎきるなんて無茶苦茶だぜ! あまりに圧倒的過ぎて吹いた。

(アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」

天元突破グレンラガン 4 アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊をみるみるうちに駆逐していく。だが、アンチスパイラルの仕掛けた新たなる罠に大グレン団の面々はなすす....

天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」

お前のドリルは、何のためにある――? 超銀河グレンラガンは、確率を無効とする攻撃すらも撥ね退ける。 しかし、それを動かすのは人間。心あるゆえに、多元宇宙の夢の罠に囚われる…。 それぞれが望んだ夢…偽りの幸

天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」

ヴィラル、ネコ耳が好みなの!?

天元突破グレンラガン 26話「行くぜダチ公」

『アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊をみるみるうちに駆逐していく。だが、アンチスパイラルの仕掛けた新たなる罠に大グ

天元突破グレンラガン 第26話 「行くぜ ダチ公」

★★★★★★★★★☆(9.5) 今週も素晴らしかった。繰り返し何度も見てしまう。 もしかしたらこの作品の評価が大きく変わってしまうかもしれないと 覚悟を決めて視聴しましたが、そんな心配は無用でした。 久しぶ

天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」

天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」

天元突破グレンラガン 第26話「いくぜ ダチ公」の感想

 遂に全貌を見せた超銀河グレンラガン。よく見ると基本的なカラーリングはマジンガー

天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」

以前にアンチスパイラルのデザインが云々と言いました。 今回の話を見た限りでそれは撤回。 あの時は折角無機的な印象をアンチスパイラルに持たせたのに、有機的なデザインのモノが沢山出てきたことに反対したワケですが

天元突破グレンラガン 第26話 「行くぜ ダチ公」

生で見ようと思ってたのに、起きたらハヤテも終ってました(^^; 「女も宇宙もどっちも守る!まだ見ぬ明日に怯えて今を後悔したくねぇ。それがオレたち大グレン団だ!」 このシモンの言葉に 「うむ」としみじみうな

天元突破グレンラガン 第26話 『行くぜ ダチ公』

「『あばよ』じゃねぇ,一緒だろ?」 ぅぁぁぁああああアニキぃぃぃぃぃぃいいいい!!!!!!! 多元宇宙の中でとはいえ、アニキに会えたのは嬉しすぎる…!!ヾ(*´∀`*)ノ ヴィラルがパパになってる、っていう設定

天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」

天元突破グレンラガン   現時点での評価:4.0   [ロボット ドリル]   テレビ東京系 : 04/01 08:30〜   監督 : 今石洋之   シリーズ構成 : 中島かずき   キャラデザ : 錦織敦史   メカデザ : 吉成曜   アニメ制作 : GAINAX   全26話   h...

天元突破グレンラガン 第26話 & ゲゲゲの鬼太郎 第25話

     グレンラガン 第26話「いくぜ ダチ公」 超銀河グレンラガン強ぇぇぜぇぇ!!  デススパイラルマシーンを粉砕し、銀河螺旋海溝から脱出!         立ち上がる超銀河グレンラガン!    (;´Д`)ハァハァ (*´Д`)/lァ/lァ (*` Д´)//ア....

天元突破グレンラガン 第26話

「いくぜ ダチ公」 う〜ん、ちょっと微妙になってきました 「熱い気合いで敵を撃破

「天元突破グレンラガン」第26話 感想

  • 2007/09/23(Sun)
  • from GM log
リアルタイムで見れなかったためちょっと感想を書くのが遅くなってしまった、第26話「いくぜ ダチ公」。よく意味のわからない言葉多数出現!ダヤッカじゃないが「頼むからわかるように言ってくれ!」(笑)もう理屈抜きで見るしかない!? 25話最後の口上からスタート。アン...

天元突破グレンラガン 26話 『いくぜ ダチ公』

あにきぃぃぃいいいいいいいいいい!!!!  これは本物の兄貴ですよね?!こんなイカしてるのは本物で間違いないですよね?!多重次元だかがあの世みたいな所にも繋がったのか、それともシモン達の心に兄貴達がいるのか…(´

天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」前編

キタンの遺志を引き継ぎ、超銀河グレンラガンでアンチ・スパイラルに挑むシモン!!惑星を投げて攻撃するアンチ・スパイラル母艦!そしてそれを全て螺旋フィールドで無効化する超銀河グレンラガン!!まさに銀河スケールのバトル、インフレについていけねぇぜっ!!グレン...

天元突破グレンラガン 第26話 「いくぜ ダチ公」観賞〜^^

なにがなんだかワケワカメ?/(^O^)\ 第26話を観賞しました〜^^

天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ ダチ公」

 他の方はどうなのか存じませんが、私の場合は「泣く」にもレベルがあります。つぅっと流れる、滝のように溢れる、吹いても吹いても止まらず流れ続ける、等々…。そんな中で、さすがに肉親にさえも絶対に見せられないほどの最上級の泣きが、「抑えようにも抑えられず、声上げて泣いちゃう」というヤツなんですが…。  今日のBパートは、まさしく、そんな感じでしたよ………良かった。家族が側にいない時の鑑賞で。  ぬふわああっ!  

レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第26話「いくぜ ダチ公」

品質評価 36 / 萌え評価 20 / 燃え評価 17 / ギャグ評価 11 / シリアス評価 17 / お色気評価 12 / 総合評価 19レビュー数 111 件 アンチスパイラルの罠を突き破り、ついに変形を完成させ大銀河に立ち上がる超銀河グレンラガン!その圧倒的な力は眼前に立ちふさがる敵艦隊をみるみるうちに駆逐していく。だが、アンチスパイラルの仕掛けた新たなる罠に大グレン団の面々はなすすべなく囚われる。それはシモンですら例外ではなかった。

★天元突破グレンラガン 第26話「いくぜ ダチ公」

【公式】兄貴が出てくるだけでも

天元突破グレンラガン 第26話「いくぜ ダチ公」

あばよじゃねぇ…一緒だろ?

天元突破グレンラガン 第26話 「行くぜダチ公」

 グレンラガン26話はとにかく「感激」の一言でした。すべてにおいて神クオリティでした!!特に後半のあの人物との再会、そしてヴィラルの花畑でのシーンが好きです。最後の最後でここまでやってくれるとは恐れ入ります。とにかくスタッフの皆さん、ありがとうございます!!

天元突破グレンラガン 第26話「行くぜ、ダチ公」

「俺の無茶に中身をくれたのはお前なんだ。 俺の進めに中身をくれたのは、お前なんだよ! お前のドリルは、その辺の石っころとは違うはずだ! お前のドリルはここだ。 いつまでもこんなとこでウダウダしてんじゃねぇ。 お前のドリルは何のためにある!?」 「行け、シ

【グレンラガン】ヴィラルのillustと26話〔行くぜダチ公〕感想

〔天元突破グレンラガン〕26話〔行くぜダチ公〕。先週・先々週と次々とメンバーが消え行き、辛くて感想が書けませんでした。特にキタンの死はきつかったです。でもこの、すぅと引き絞ってぱぁっと開放するstory展開、(良い意味での)制作者の大人のテクニックと云う感じ...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]