忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

キミキス pure rouge 第3話「book mark」

主人公二分割して光一のメインルートと一輝のその他ルート、そして摩央姉をヒロインに据えたノイタミナ的少女コミックルートの同時進行で、ギャルゲ原作モノの新たな地平を開拓する「キミキス pure rouge」
制作側の意図が見えてきたものの、2クール作品らしいからこの先どうなる事か、この先に改めて注目したい。元々はメディアミックス展開でアンソロジーなど沢山出ているが、アニメはアンソロジーの極北を目指して突き進んで行くような気がする。同じ日に「D.C.II ~ダ・カーポII~」を見ると、そんな思いを強くする。

摩央姉の歓迎会名目でカラオケに行く話だが、メインは結美を誘えない光一を摩央姉が弄るお話。
きっかけの描写も無くシチュエーションも無いまま、もう二人のフラグ立っているのだから、弄ってもあまり面白くない気がする。
これでは摩央姉が自分の恋もおざなりにして、お節介焼きの姉さんにしか見えないところが泣ける。サックス男にフラグ立てに行くのも良いけれど、応援しにくいなあ。
デュエットの前振りまで見せておきながら、カラオケオックスでのハプニングとか何も起こせずに終わる無策シナリオに落胆。
ギャルゲフォーマットに囚われず、オシャレに描いてゆく意図もわかるが、断然盛り上がらない。

光一に対する結美の好意もサックス男にかまう摩央姉の気持ちも、何も伏線がないところに「ポンッ!」とカップルフラグを見せられても、近年の少女コミックにありがちなご都合的構成に思えてしまう。「もう、そういう設定になっているんだから」と開き直られた感じで興ざめする。
かろうじて「実験」と称する二見さんの一樹への唐突なキスは、そこに好意がからまないところが期待させられる。
菜々ちゃんは光一の攻略対象になるのかわからないけれど、うどん娘とのカップリングで進んでも面白いかもしれない。
それにしてもタイトルに偽りありだが、キスはどうした?

作画は厳しい感じで、作監6人ついている。
電車のCG合成は、あの背景から浮いていて違和感がある。

キミキス pure rouge (1)
キミキス pure rouge (1)
キミキス pure rouge オープニング曲「青空loop」


拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

(アニメ感想) キミキス pure rouge 第3話 「book mark」

キミキス pure rouge (1) 一輝の妹・菜々も輝日南高校に入学。早くもうどん好きの少女・里仲なるみと仲良くなりゴキゲン。光一の結美への想いを知り、お姉さんとして協力を約束する摩央。菜々はカラオケボックスで摩央の歓迎会を開くことを提案するが、割引のための人数が...

キミキス pure rouge 第3話「book mark」

EDテロップによると作画監督6人、原動画も半端じゃない人数なんですが、何でこんなに動かないんでしょうか。 怪奇サックス男と恐怖天才女が殆ど出ないだけで気楽に観られ。 反面、中心にアクティブなマオ姉ちゃんを据えるだけで、嘘のようにストーリーに躍動感が出ます..

キミキス #3

奈々となるちゃんの発案で、摩央姉ちゃんの歓迎会がカラオケルームで開かれることになりました。7名以上で割引のため、光一と一輝が残りの2人を探してくることになったのですが・・...

■キミキス pure rouge 第3話「book mark」

 菜々となるみ、すっかり仲良しさんです。  あんな所で、カエルのロミオとジュリエットを始めたりして、今度こそ風紀委員の恵に没収されちゃうんじゃないかって、冷や冷

キミキス pure rouge 第3話 「book mark」

光一と結美の仲を取り持つため摩央姉は、自分の歓迎カラオケに結美を呼ばせる。 カラオケを半額にするにはもう一人いるので一輝にも女の子連れて来いと命じます。 弟みたいな二人の面倒まで見ないといけない摩央姉にも甲斐と

キミキス pure rouge #03 book mark

星乃 結美 あの…み、水澤先輩は……真田くんとは…その……。 そりゃ気になりますわな。 通学時間に当たる朝っぱらから「勉強になったでしょ」とか「よーし、今夜もヤるわよ」 とかいきなり聞こえ

キミキス・第3話

「book mark」 通学途中、光一を見かけた結美。しかし、光一が女の子と一緒

キミキス pure rouge 第3話感想

キミキス pure rouge 第3話感想いきます。

キミキス pure rouge #03 「bookmark」

光一とよく一緒に居る水澤摩央のことが気になる星乃結美。そして、ゲーム版HPを見ると結美の次に出てくる里仲なるみ。アニメでは、摩央、結美 そして我らがcool beauty二見瑛理子の順に重要度が上がっている気がする。なるみ、癒し系担当ですか?

「キミキス pure rouge」 3話

#03「book mark」。 今週は真田光一の話が中心で、結美との仲がだいぶ進展しました。 ベタ過ぎる以外の何物でもないのですが、それが良いのですよね〜。 摩央の歓迎会ということで...

キミキス pure rouge 3話『book mark』

摩央姉の歓迎会と称してカラオケ大会開催です。 結美可愛いよ結美。

キミキス pure rouge #03

#03『book mark』ヒロインにしては地味だけども、 私はこういう娘が一番好きかもしれん。 結美がメインだったらこういうシーンを 第一話の初っ端に持ってきてたんだろうねぇ。

キミキス pure rouge 第3話

第3話『book mark』 相変わらず、光一と摩央姉は夜中にゲームしてるんですね・・・ 時差ボケはいつ直るのやら・・・ しかも、朝の登校シーンを星乃さんに見られた! コレは誤解が生じそう・・・ 一輝の妹は、相変わらずあのカエルのぬいぐるみ持ってきているんですね・・..

キミキスpurerouge第03話「bookmark」感想

キミキスも三話目。今回もあまり摩央ねぇさいこーってことで。キミキスpurerouge1早速感想。もう百合にしよう!変なサックス野郎とか、長澄とか悠二とかルルは絡んでくるな!やけに男キャラが多いからなんだかね〜って感じ。キャラ個別で見ていけばすっごくいいし、二人で...

キミキス pure rouge 第03話 「book mark」

キミキス pure rouge   お勧め度:あまりお勧めしない   [恋愛]   MBS : 10/06 26:55〜   チバテレビ : 10/07 25:30〜(特番:09/30)   RKB : 10/07 26:13〜   テレビ神奈川 : 10/08 23:00〜(特番:10/01)   テレビ埼玉 : 10/10 25:30〜(特番:10/03...

キミキス pure rouge 第3話「book mark」

キミキス pure rouge 第3話「book mark」

キミキス pure rouge 第3話「book mark」

 今回は光一と結美がちょっと仲良くなる話、でも一番目立ってたのは摩央姉ちゃんだ

レビュー・評価:キミキス pure rouge/#03 book mark

品質評価 16 / 萌え評価 14 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 26 / お色気評価 100 / 総合評価 29レビュー数 96 件 一輝の妹・菜々も輝日南高校に入学。早くもうどん好きの少女・里仲なるみと仲良くなりゴキゲン。光一の結美への想いを知り、お姉さんとして協力を約束する摩央。菜々はカラオケボックスで摩央の歓迎会を開くことを提案するが、割引のための人数が足りない。摩央は光一の気持ちを汲み、結美をカラオケに誘う。その帰り道、光一に結美を送らせ、ひとり帰宅する摩央。ふと...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]