忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ef - a tale of memories. 第7話「I...」

千尋とみやこのアイデンティティから消滅と破滅の予感を内包して動き始める「ef - a tale of memories.」第7話。Aパートは千尋と蓮治、Bパートは紘を待つみやこを中心に壊れた記憶、壊れた家庭のトラウマを描いている。

千尋の世界の孤独な少女。そのお話しの少女を可愛いと括る蓮治に千尋は「可愛いと思われたら存在を書き切れていない」
その少女は千尋の心に住む、鎖に囚われた千尋自身のはず。限りある記憶の制限の中で「可愛い」と記号化される事は千尋の本意ではなかろう。蓮治のひと言は千尋を理解し切れていない故か、考え無しの何気ないひと言なのか、恋人の関係に踏み込めない自分を意識し飾った言葉なのかわからないが、画面のノイズの演出とともに翳りが差している。
弁当作りにいそしむ蓮治への母のからかいも、蓮治の覚悟を探るような意図に見えてくる。

執筆も7割がた進んで、エンドをどうするか。
男の子を絵に描くことを覚えた女の子が絵の中に入るか、絵の男の子が現実に表れるか?
世界を男の子の絵で埋めても寂しさを感じなかった少女。絵の中に入った女の子の世界は壊れる、エンドを考えるのは神みたいで嫌と千尋は言うが、そのお話しの世界では千尋自身が神なのだから…
「恋人としてキスしていいです」の千尋の言葉は、千尋に恋人として踏み込めない、進路のことも含め何も上手く出来ない蓮治に激しい動揺を与える。
白馬の王子様になるにはあまりに重い現実を目の前に、単にヘタレとして片付けるには複雑な少年期の戸惑いを上手く表現している。

Bパートはみやこの一人舞台。
両親の不仲から壊れてゆく家庭から音も色も消えてゆく。そんな家庭からみやこが見つけた「私の居場所」
日曜日のデートの待ち合わせに舞台は戻り、紘を待つみやこ。待ちぼうけのみやこが紘の留守電へ入れるメッセージを延々と田口宏子の演技で流し続け、景がみやこへ突きつけた「あなたの存在を消して見せる」を思い出す不安を感じさせて、段々とトーンが変わってゆく。
留守電メッセージと劇伴と文字で構成した特異な構成に見入ってしまうが、田口宏子ファンにとっては満足のような、心痛むようなBパート。
最後に「助けて、消えたくないよ」に、みやこの飄々とした態度に隠れた本心を表して切れるエンド。

エンディング明けは紘の部屋に着いた景。置き忘れた紘の携帯、みやこからの留守電メッセージに気が付き、ためらい無く消去。
波乱を控え、こちらも紘の覚悟が試されるか。

ef - a tale of memories. OPENING THEME?euphoric field feat.ELISAef - a tale of memories. ENDING THEME~Adagio by Miyako Miyamuraef - a tale of memories. ENDING THEME~Vivace by Kei Shindou(cv:Junko Okada)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ef - a tale of memories. 第7話 「I...」

ef - a tale of memories. 第7話 「I...」 見ました 女の子は世界に一人、だから彼女は神様だ 物心がついたときにはそこにいた、他には誰もいなかった 何もすることがなかった、そ...

ef - a tale of memories. 第7話感想

ef - a tale of memories. 第7話感想いきます。

ef - a tale of memories. 第07話「I...」

ef - a tale of memories. 第07話「I...」 の感想です 【SEO対策 キャプ画 レビュー 千尋 紘 みやこ 蓮治】

ef - a tale of memories. 第7話「 I... 」

ひとりの少女は、世界からズレていて、少女にとって世界は虚構であった。 ひとりの少女は、ただ居場所を望み、存在が消去されるのを恐れた。 千尋のズレに戸惑を見せる蓮治。それが千尋を傷つける…。 紘を待ちつづけ

ef - a tale of memories. 第7話

 失われゆく色と、音。

ef - a tale of memories. 第7話「I...」

ef - a tale of memories. 第7話「I...」

ef - a tale of memories. 第7話「I...」

繰り返される結末、無くした色

ef-ataleofmemories.第07話「I...」感想

ef.これはおもしろくなってきました。今回は着信99件の後・・・。どうなる??[枚数限定][限定版]ef-ataleofmemories.1〈初回限定版〉/アニメーション[DVD]早速感想。どちらのストーリーもヤバイ方向に一歩前進?蓮治はもう精神的にきていたせいか、余計な一言をポロリ...

ef - a tale of memories.7話

鬱展開。

ef - a tale of memories. 第7話

今回は千尋と蓮治が小説の結末を考え、みやこが紘にひたすら電話をしていたお話。 いよいよ凄い展開になってきた感じ、両パートとも最後が怖すぎます。 後半はまさかほとんどあれだけで終わってしまうとは思いませんでした。 千尋は蓮治のサポートで順調に小説を執筆中....

アニメ「ef - a tale of memories.」第7話。

第7話「I...」 図書室で、机に大量の本を積み上げながら執筆を続けている千尋。 進行状況としては全体の3割。その部分までを読んだ蓮治は、女の子が可愛いと言う感想を述べるが、それを聞いた千尋は、ここまで全てを書き直そうかと考えて出した。この女の子は、もっとずれている。彼女が取り組んでいる事に対して読者は違和感を覚えなければならないのだ……と。 難しいところですなぁ。こんな風に試行錯誤を繰り返した作品は、果たしてどんなものに仕上がるのやら。

ef - a tale of memories   第7話 「 I.... 」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  Aパートは蓮治、千尋のお話。  千尋の小説は3割くらまで進んでいた。  図書館で資料も手に入り、物語はちゃくちゃくと進んでいっている。  出来つつある千尋が創った物語を読んだ蓮治の感想は物語に出てくる少女が「かわいい」という意見。  しかし、千尋は主人公の少女に「かわいい」というイメージとは違っていた。  「かわいい」ではその女の子の存在を描ききれていないのである。  千尋の物語とは?  「女の子はやがて人間の絵を描けるようになった。  ...

ef - a tale of memories. 第7話

第7話『I...』 今回は、どちらも大変なことになっていますね・・・ 一見、蓮冶と千尋は順調なような気もしたんですがね・・・ 小説も順調だったのに・・・ キスのことで、一気に崩れてしまいました。 やっぱり、記憶障害はかなり大きな障害になってますね。 蓮冶のオカ..

ef - a tale of memories. 第7話 「 I... 」

○第7話スタッフ 脚本 高山カツヒコ 絵コンテ・演出 大沼 心 作画監督 潮月一也・玉木慎吾 大沼さん、あなたは一体どこまで行ってしまうんだ・・・ その「魅せる」映像に...

ef - a tale of memories. 第7話「 I... 」

みやこ、落ち着いて〜(;´Д`)

ef - a tale of memories

【ef - a tale of memoriesの感想リンク集です】 記事の更新頻度はその感想・批評サイトによって異なります。一般には、ef - a tale of memories最新回放送後、当日〜3日くらいで更新されます。 ef ...

I…  Aパート

I…

『ef−a tale of memories.』07.【I…】  女の子は世界にひとり。  だから彼女は神様だ。  物心がついた時にはそこにいた。  他には誰もいなかった。  なにもすることがなかった。  それが世界の全てだった。 ...

ef〜a tale of memories. 07. 「I...」

宮村みやこの家庭は、崩壊していたのね。色のない世界。音がない世界。留守電の声が、虚しいです。どんどん留守電の内容が崩壊していく宮村みやこ。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]