忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ef - a tale of memories. 第8話「clear colour」

アニメのヒロインなど実在しそうでしないが、それでもこの「ef - a tale of memories.」は誰もが心に持っているホンの少しの尖った部分をキャラに託して上手に料理して見せてくれている。各キャラの性格もポジションも単なる「属性」やキメ台詞で定型化してしまわずに、主人公たちと向き合う距離と重ねた時間の中で抑揚をつけてリアルに描き出している。
現在は青春まっしぐらの単調な展開ではないが、青年期に有るかも知れない・有ったかも知れない心の翳りと痛みを群像劇に投影して、シリーズ後半を進行中。

前回は「紘の記憶から消してみせる」と景から宣戦布告されたみやこだが、今回もアバンでは紘の部屋を訪れたものの敗退。廃墟の中で雨宮優子に諭され泣くシーンがあるが、純粋なだけに強さも怖さも併せ持つキャラなのだろう。今話のエンドで公衆から紘に電話したのは、みやこなりの賭けだったのだろう。紘が電話に出たことで、みやこにも勝負の目は残されている。
舞台の街の廃墟が意味するところはわからないが、記憶と記録の消失と再生をモチーフとした象徴なのかもしれない。

宣戦布告した側の景は策に溺れそうな予感。
突然のライバルみやこも撃退し、怪我を理由にバスケから離れ紘と過ごす時間が増えると景が喜んだのもつかの間、マンガの執筆を一時休止しようとしたのを翻意し前に進もうとする紘。そんな紘を自分の目の届く範囲に縛ろうとする景の微妙なすれ違い。
京介に指摘されるまでもない景の不器用さ、いや心に遊びの無い硬さが錆付く展開は見たくないような。
千尋を鎖から解放そうとする蓮治、紘を自分のペースで縛ろうとする景。二組の対照的な努力を、青春の痛みを感じながら比べるのも一興。

マンガのプロとして仕事を持つ紘も社会と向き合っているし、切り取った時空が己自身を映し出す怖さも知る京介も事態を達観している。自分中心のヒロインたちとの摩擦は減ることも無いだろう。
そんな中で蓮治は進路も夢も定まらないまま、千尋の12歳と13時間の時間に向き合うことになる。
千尋シナリオでの蓮治は、お姫様を助ける白馬に乗った王子様でもなく、主人公の千尋が戦う見えない時間と見えない鎖に翻弄されるヒロインのポジションだろう。

蓮治が千尋の記憶が良くなったと思うのは勘違い。13時間の記憶を忘れないために入浴中も、夜も起き出して日記を読み返す努力の結果。日記に細かいディティールは書ききれないからと、読み返し思い出しながら記憶に焼き付けようとする。
そんなことは以前にもあったのだろうか、蓮治との想い出を残そうとする努力を哀れに感じたか、単なる嫉妬か、それは不明だが火村は日記を取り上げ千尋の頬を打つ。
蓮治と歩く砂浜で、蓮治と手をつなごうとする前に倒れた千尋の記憶は、緊張と疲労で12歳にリセットされてしまった。12歳までに面識のあった火村は認識できても、蓮治のことは知らない千尋。「おにいさん、だれ?」
崩れる浜辺の砂の城を作り直すがごとく、記憶の消滅と再生を繰り返す輪廻にも似た業に耐えられるのか、蓮治。

トランス・アーツのグロスで、草川啓造の絵コンテ、高島大輔の演出が冴えている。
シリーズ序盤は色彩設計と演出ばかり目に付いて視聴継続判断に悩ましい作品だったが、尻上がりに良くなっている。
予告イラストは氷川へきる。

ef - a tale of memories.1【初回限定版】ef - a tale of memories.1【通常版】

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ef - a tale of memories 第8話 こんな事を望んだ訳じゃ無かったです・・。

■第8話 clear colour 広野紘を巡る景とみやこの三角関係も、蓮治と千尋の物語も、 どちらも凄まじい盛り上がりを見せた第7話からの続きです。 「お兄ちゃんは今、寝てますから...

ef - a tale of memories. 第8話 「clear colour」

「もう届かない・・・私が届かせない。私がいつもお兄ちゃんの側にいるから。もう終ったの」 とりあえず、一言・・・ 景ウゼェーーーーーー! こいつさえいなければ、今頃、みやこと紘は付き合ってるだろうに。 個

ef~a tale of memories.・第8話

「cleaer color」 紘の元へやってきたみやこ。そんなみやこに景は言う。

■ef - a tale of memories. 第8話「clear colour」

 みやこは、色々とタイミングが悪かったです。  景の怪我から始まって、携帯は噴水に投げてしまったし、たまたま景がお風呂に入っているときに、紘の家を訪ねて来たりし

ef - a tale of memories. 第8話 「clear colour」

この世に奇跡なんてものは存在しない。 あるのは必然と偶然そして誰が何をしたかだ――。 ずっと想ってきた紘を失いたくない景。 紘との出会いに温もりを思いだしたみやこ…。 千尋は蓮治への想いを忘れたくないと思い、

ef - a tale of memories. 第08話 「clear colour」

アバン、修羅場というか一方的にみやこが殺される展開www 流石、景は強いね、強い子だよ、周りのみんなを不幸にするwww この展開でどうして景可愛いよなんて言えようか、景氏ねwww と感情をまき散らして見つつ、

ef - a tale of memories. 第8話感想

ef - a tale of memories. 第8話感想いきます。

ef - a tale of memories. 第8話「clear colour」

千尋とは

ef-ataleofmemories.第08話「clearcolour」感想

前回は・・・というか、前回もとんでもないところで終わったこのアニメ。もう続きが気になって気になってしょうがないですね。みやは?千尋は・・・??[枚数限定][限定版]ef-ataleofmemories.1〈初回限定版〉/アニメーション[DVD]早速感想。怖い〜〜!みんながいろんな要...

ef - a tale of memories【第八話】「cleaer color」

景によって紘に会うことができないみやこ 連絡も取れずに昔の温もりを思い出していた 紘の携帯に公衆電話から連絡がある。自分を忘れてないことにアンドするのだった 千尋と話していての記憶が良くなったと感じていた蓮治 しかしそれは千尋が寝る間も惜しんで無理して思い出..

ef - a tale of memories. 第8話 「clear colour」

今期最鬱アニメ化したこの作品 ちょっと前の話までは「演出相変わらず凄い」とか「リア充アニメかよ(´・ω・`)」とか思ってたんですが… 先週のヤンデレ展開は未だ忘れられないの...

アニメ「ef - a tale of memories.」第8話。

第8話「clear colour」 1人携帯を眺めるみやこ。大量の発信履歴、その全てが紘。 やがてみやこは、その携帯を噴水の中へと投げ捨ててしまい、そして紘に会うために、家へと向かう。 しかし、中から出てきたのは、バスタオル姿の景。水を滴らせた景に対して、みやこは博に会わせてと言うも、眠っているから静かにして欲しいと言われる。 もう届かない、もう届かせない。終わったのだと言って、景は強引に扉を閉めた。 なんてこったい。景ちとやりすぎな気がするよ。みやこちょっと可哀想……。 そして、紘はみや...

ef - a tale of memories 第8話  「clear colour」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  みやこの居場所は失われようとしていた。  待ち合わせの時間に遅れてもなんの連絡はない。  しびれを切らし紘の家に駆け込むがそこにはバスローブ姿の景の姿しかなかった・・・・  「もう届かないよ。私が届かせない。私がいつもお兄ちゃんの傍に居るから もう・・・終わったの」  景によっての非常な通告によって、もう紘に忘れられた存在と思ってしまうみやこ。  取り戻そうとしたぬくもり。しかし、今は・・・・  つい最近まで学校のやすらぎのスペースでもあっ...

ef -a tale of memories- 第八話 clear color

ううむ、面白くなってきたなぁ、このアニメ。 関西では数日遅れて放送なのが悔やまれる; みやこがどんどん壊れていきますね、それと同時に景とはうまくいくかと思いましたが...

レビュー・評価:ef − a tale of memories./第8話「clear colour」

品質評価 16 / 萌え評価 11 / 燃え評価 7 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 43 / お色気評価 37 / 総合評価 23レビュー数 79 件 紘の留守中に尋ねてきたみやこを冷徹に追い返す景。一方、学校で呼び出しを受ける紘。腱鞘炎も治まらず、仕事を控えようかと考える紘。しかし、そこへ新しい仕事の依頼が飛び込む。 千尋の小説は、まもなく書き上がるところまで来ていた。蓮治との時間を忘れまいとする千尋は、休む時間を削って日記を読み直すようになる。千尋の反応が違ってきたことに、症状の改善を...

ef〜a tale of memories. 08. 「clear colour」

宮村みやこの訪問を拒否する新藤景。ちゃっかり、紘を独り占めする作戦。

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]