忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

ef - a tale of memories. 第9話「forget me not」

4年間の記憶がリセットされた千尋。これから何度でも起こる、その度に大きくなる痛みに耐えられるのか、火村から覚悟を改めて問われる蓮治。火村も同じ痛みを何度か味わったのだろう。自分と同じような奴が上手くいくのか見てみたいと言う興味を持って蓮治にアドバイスとともに接している。
火村に話す蓮治が感じる千尋の印象は「以前から終わりたがっていた」
自分独りだけの世界で神だった少女が描いた絵、その自分自身の絵の中のお話を客観視している少女は神の力を持って、その世界を終わらせることも出来る。記憶の消える度に世界と自分が終わってしまうことを望むこともあったのだろう。
記憶を失くした時に死んで別人になったと思う千尋は、その空虚に過ごした時間を消し去りたかったのだ。しかし蓮治との時間を得てから、その日記に書かれた時間がいとおしく思えるほど千尋は変わっている。
そんな蓮治への火村のアドバイスは、千尋の書く物語と真剣に向き合えと。
時間と記憶の鎖に縛られた少女との青春王道シナリオの続きが気になるところ。

景、みやこ、紘、京介の青春群像劇は益々快調に飛ばしている。
特異なキャラ設定は無いものの、それぞれに時間の歪みと心の傷を持ち合わせている。
捩れる人間ドラマは攻守の二転三転で見飽きることは無い。なぜかこのシリーズはヒロインキャラに好悪の順列を抱かせないような気がする。主人公もヒロインたちとの係わりで直接バッティングしない事も影響しているのだろう。

みやこに対して勝利宣言した景だが、表情は晴れない。京介のファインダーが捕えた景の表情は、その曇りを見逃していない。紘の気持ちが自分を向いていないことを景は感じているから。
「お兄ちゃん」と呼ぶほどの幼い頃からの時間を共に過ごしていても、その密度はいかほどのものであったか、そして紘を巡って妹の千尋に対する贖罪の念があるうちは、景も勝利の確信を得られているわけではない。
一方、携帯のメモリーから消去されても、紘の記憶からは消去されていなかったみやこ。
お互いに必要とする存在と認め合える、みやこの言う「二人一緒にいられるわずかな時間だけ自由になれる」出会ってからの時間の長さではなく、必然というか運命の関係。
浜辺でのみやこからのキス、お返しに紘からのキスでおあいこの二人は、そのまま紘の部屋でベッドを共にする関係へ。

運命の流れに逆らうわけでもないのだが、裏へ裏へと後手に回る景は、サンドイッチを手作りして紘の部屋へ。京介のカメラはずっと回っている。
合鍵で開けた部屋のベッドにはみやこがいた(はず)映像は屋外から建物を写すカットに切り替わって、キャラクターたちの表情は見えない。京介のファインダーは、その瞬間も切り取っていたのだろう。
景は足の怪我も忘れ走り去り、追いかける京介。
エンディングがフェードインしたが、初めてマッチした感じがする。

脚本:高山カツヒコ、絵コンテ:島津裕行、絵コンテ:森義博、作監:清水慶太、パストラルのグロス回。
予告イラストは蒼樹うめの描く千尋。

ef - a tale of memories. OPENING THEME?euphoric field feat.ELISAef - a tale of memories. ENDING THEME~Vivace by Kei Shindou(cv:Junko Okada)ef - a tale of memories. ENDING THEME~Adagio by Miyako Miyamura

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

ef - a tale of memories. 第9話感想

ef - a tale of memories. 第9話感想いきます。

ef~a tale of memories.・第9話

「forget me not」 「みやこか?」 問いかける紘の言葉。「消えてない

ef-ataleofmemories.第09話「forgetmenot」感想

暗〜い展開になってきているこのアニメ。千尋の眼は・・・。みやこと景は・・・??2007年12月07日発売ef − a tale of memories.1〈通常版〉早速感想。今回もまたまたいやらしいところで終わらせましたね。二つの話、どちらも激しい。でも千尋の話はあまり黒くない...

ef - a tale of memories. 第9話「forget me not」

・・・千尋は、ずっと僕の知ってる千尋だよ。

ef - a tale of memories. 第9話

 砂の城よりも脆く、儚く。

ef - a tale of memories. 第09話 「forget me not」

ef - a tale of memories.   お勧め度:普通   [アダルトゲーム]   チバテレビ : 10/06 25:35〜   テレビ神奈川 : 10/06 26:30〜   テレ玉 : 10/08 26:00〜   KBS京都 : 10/09 25:30〜   サンテレビ : 10/09 26:10〜   バンダイチャンネル : 10/10...

ef - a tale of memories. 第09話

[関連リンク]http://www.ef-memo.com/第9話 forget me not消えていない存在。みやこからの電話を受ける紘そしてみやこからの質問自分がまだ紘から存在が消えていないのだということを確認する...

ef - a tale of memories. 第9話「forget me not」

ef - a tale of memories. 第9話「forget me not」

ef - a tale of memories. 第9話 「forget me not」

だんご大家族テレカwww これは欲しいw

ef - a tale of memories. 第9話「 forget me not 」

ここからここまでが、いまの私にとっての一生です――。 4年間の記憶が消えてしまった千尋。 日記を読み返すことで前の千尋に戻ろうとする… 忘れられた千尋との日々を覚えてる蓮治。 千尋の傍にいることを選択するが

ef - a tale of memories. 第9話「forget me not」

壊れかけ

ef -a tale of memories. 第9話「forget me not」

団子大家族・・・・・・・・・・・

ef - a tale of memories. 第09話 「forget me not」

久々にサイドが入れ替わりまくり。 どちらも展開が重い、だからこそか。 蓮治の方はリセットからどうするか。 紘の方は当然みやこがメイン。 景が何しようがみやこメイン。 そういえば紘とみやこの仲が戻れば景GJで

ef - a tale of memories. #9

「forget me not」 サブタイトルは『忘れな草』だっけ? ということで、今回は覚えていてもらえた少女と忘れられた? 少年の話。 まずは、覚えていてもらえたミヤミヤの話はまぁ、半ば決着がついたよな。 ここ、数話でいろいろと妨害工作していた景は、妹の立場から踏み出せずに絶好のチャンスを逃して自滅な感じだし。 にしても、ラストのヒロヒロとミヤミヤの同衾にショックを受けて走り出す。 そのまま、ED、Cパートの流れはギャグにしか思えなかった。 そして、本編の千尋&蓮治パート。 ...

ef - a tale of memories 第9話 みんな頑張って下さいには激しく同意!

■第9話 forget me not ○月○日晴れ 今日、9話のアフレコに行きました。 なんだかもう・・・みんな大変です。 みんながんばってください(汗) 紘を巡る景とみやこの恋の戦いも、...

ef - a tale of memories. 第9話「forget me not」

彼女は屋敷を住居として使っていたので、古い城には殆ど足を運ばなかった。

ef - a tale of memories.9話

痛み。

ef - a tale of memories. 第09話 『forget me not』

やりやがった×崩壊×だんご この3つが今回のキーワードだっ!!(ぇ 前回精神崩壊的な事になった千尋。 それを目の当たりにした蓮治、それがどういう事かわかっていながらも...

ef - a tale of memories. 第9話 「forget me not」

ef - a tale of memories. 第9話 「forget me not」 見ました 「消えてないんだ、私まだ消えてなかったんだ…」 みやこが紘のところに電話をかけてきたのは、 ひとつの覚悟だったんだ...

ef - a tale of memories. 第9話

今回は千尋が元の千尋に戻ろうと努力し、みやこが紘にキスするお話。 記憶が無くなってしまえば別人かどうかと言うのは難しい話ですねぇ。 いっぽ紘の周りは急展開、まさか一気にそんな所までいくとは思いませんでした。 千尋は頑張って日記を読み返そうとするも、その....

ef - a tale of memories  第9話 「 forget me not 」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ  13時間経っても日記を読み返さなかった。  そのことによって消えてしまった4年間の記憶。  蓮治が知っている千尋はもうそこにはいない・・・・・    “俺は千尋に深い入りするなと言った。   傍に居たいなら覚悟しろとも言ったはずだ・・・・   千尋から4年間の記憶が消えた。   とは言っても、もともと日記を頼りにした微かなイメージしかない。   時間を掛けて日記を読み返せば元に近い状態まで戻るだろう・・・   今まで何度かあったことだ。今後...

『ef -a tale of memories-』第9話

ef - a tale of memories. - livedoor Blog 共通テーマ  記憶を失い、退行してしまった“千尋”に接し、もはや恐慌を来すことしかできない“蓮治”。そんな彼に“火村”は“千尋”の前から消えるなら今のうちだと選択を突きつける。それでもなお“千尋”の傍にいることを...

ef -a tale of memories- 第9話「forget me not」感想

さすがシャフト、堂々とだんご大家族。 冬コミで京アニが売り出しそうな感じのテレカです。実際京アニがコミケで売るのは普通の絵柄ですけど。 <蓮治と千尋> 現実を突きつけ...

アニメ「ef - a tale of memories.」第9話。

第9話「forget me not」 泣きじゃくる千尋。 彼女を1人にしてきた蓮治と火村。俺は千尋に深入りするなと言った。傍にいたいなら覚悟しろとも言ったと、火村。 これは今まで何度もあった事で、時が経つにつれ、記憶をなくした時の痛みは大きくなる……。 火村の言葉に対して、蓮治はそれならばなおさら誰かがそばにいてあげないと……と言う。しかし痛みが大きくなるのは千尋ではない。それは他ならぬ蓮治の痛み。 今なら引き返せる。消えたければ今だ。その言葉を聞いて思わず火村に掴みかかる蓮治。崩れ落ち、涙...

ef - a tale of memories. 第9話

第9話『forget me not』 いままで、ずっとすれ違っていましたが、ようやくみやこと紘は、接触できたようですね。 でも、みやこは携帯がないから、電話するときは公衆電話か。 今時、電話ボックス探すのって結構大変だったりするんですよね。 みやこの持っているテレカが何..

ef - a tale of memories. 第9話 「forget me not」

前回の展開に引き込まれ、今週の放送がすごく楽しみでした はたして今回はどうなるのか? では感想いきたいと思います

レビュー・評価:ef − a tale of memories./第9話「eve」

品質評価 17 / 萌え評価 8 / 燃え評価 3 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 31 / お色気評価 51 / 総合評価 21レビュー数 97 件 広野紘と新藤景は幼馴染の間柄。紘はクリスマスの夜、景のパーティーに呼ばれていたが、ふとしたキッカケで宮村みやこと遭遇し、紘はマイペースなみやこに振り回されるはめに。 紘のクラスメイトで映研部員の堤京介はクリスマスの街を撮影中、雑踏の中に少女の姿を見つけキャメラを向けるが、つい彼女の姿を撮りそびれてしまう。 一方麻生蓮治は駅で新藤千尋と出会う...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]