忍者ブログ

アニメレビューCrossChannel.jp

アニメのレビュー・感想中心に、アニメ業界の批評もしたり、ゲームレビューしたりしています

   

スカイガールズ 第26話「それぞれの…」(最終話)

「スカイガールズ」最終回はオープニングもエンディングも普通。ワーム戦終戦6ヵ月後のエピローグ回だから余興のようなものだが、そう考えると前話の実質最終回は地味だったような気がする。
サブタイが示すように、各キャラが戻った日常に追浜から便りが届く。新ソニックダイバー隊をSDレスキュー隊と改称し新発足した記念式典への参加と、デモフライトのための招待状。
同時期に瑛花は追浜で新人教育の教官に赴任したらしい。
可憐は学生生活に戻り、エリーゼは源さん夫婦と田舎で暮らしている。安岐先生は開業医に。
音羽は元通りの海女の生活が似合っているが、ワームの使いとして出現し消えていった弟の優希の事を全く引きずっていないのは意外でもある。

存在が疑われた可憐の兄様も登場した。たくみがカメラを向けていた建設中の美術館は兄様の設計なのだろうが、兄様の前でたくみと可憐を出会わせても面白いのに。照れる可憐が見たかった。
アイーシャは眠ったままだが、音羽たちのフライトに感応して目覚めたみたい。
各キャラエピソードでは、エリーゼのセーラー服が案外似合っていて一番良かったかな。
新SDレスキュー隊も選抜された様々なキャラがいて、第二期でもあれば抜擢される娘も出そう。
そのあたりの伏線は抜かりない。

脚本:吉岡たかを、絵コンテ・演出:岩崎良明
シリーズ中では第1話と第26話が一番良かったというか印象に残った。
逆に対ワーム戦はありきたりで感心しない。
このシリーズでは何を描きたかったのかなあ?燃えでも萌えでもないし、家族や友達の絆も強いメッセージ性はない。メカバトルでも環境問題でもないし‥
キャラと設定は良いのに生かしきれていない残念さが残る。次の企画があるのならば、もう少しテーマを絞り込んで欲しい。
同じ島田フミカネ原案の「ストライクウィッチーズ」もTVアニメ化に向けて再始動したから、こちらと比べられるのは仕方ない事だろうが、両者切磋琢磨してもらいたいと思う。

スカイガールズ (マガジンZコミックス)コナミノベルス「スカイガールズ 星空血戦編」 (KONAMI NOVELS 22)

拍手

 RSSリーダーで購読する
PR

TRACKBACK

Trackback URL:

スカイ・ガールズ 第26話 「それぞれの・・・」

ビックバイパーを模擬演習で撃墜した一条瑛花。流石ですね。しかしソ\ニックダイバーは、お払い箱でしょうか。

スカイガールズ 第26話「それぞれの…」

空を飛ぶのがずっと夢だったの――。 平和になって半年、解散しそれぞれの日々を送っていたスカイガールズに追浜基地から手紙が届く。 残された最後の仕事とは――。 1話まるまる...

スカイガールズ・第26話

「それぞれの…」 ビッグバイパー隊との演習で活躍をする瑛花。ビッグバイパー隊へ…

■スカイガールズ 第26話「それぞれの…」

 ワームの殲滅と共に、スカイガールズは解散して、みんなそれぞれ元の生活へと戻って行きました。  ワームの復活は極秘事項だったにしても、最初からそういう契約だった

スカイガールズ 第26話(最終話)

第26話『それぞれの…』ワームとの本当の最終決戦の半年後。 瑛花さんはビッグバイパー隊と張り合ってました。 でももう辞令が下りているらしくて…。 可憐は元の大学へ。 男子学生と談笑できるあたり もはやたくみの付け入る隙はなし?

スカイガールズ 第26話(終)

第26話『それぞれの…』 今回の最終回は、ワームを倒してから半年後の話ようですね。 みんな、それぞれの生活に戻っているようですね。 瑛花はまだ軍にいるみたいですね。 まぁ、もともとソニックダイバー隊に来る前からいましたからね。 可憐は学校に戻ったんですね。 ..

スカイガールズ第26話「それぞれの…」感想

スカイガールズ最終話。実質アフターストーリーのような感じ??2008年02月27日発売スカイガールズ Vol.5早速感想。ワームとの戦いからどれだけの日にちが経ったのか??瑛花は教官に。残りのパイロットは除隊?エリーゼは結局あのコックさんの実家に。カレンは復学。音...

スカイガールズ 最終話 『それぞれの・・・』

いよいよ最終回です、来てしまいましたここまで。 最終話となる今回は丸々エピローグです、では行きます。

スカイガールズ 第26話(終) 「それぞれの・・・」

 いよいよ最終回。  ワームとの戦いから半年(?)経ったようで、みんなそれぞれの  生活に戻った・・・って感じでスタート。  軍に残った瑛花。学校に戻った可憐。源さんとともに田舎で暮らす  エリーゼ(養女になっちまったのかぁ〜〜〜〜) エリーゼの制服姿...

スカイガールズ 第26話(終) 「それぞれの・・・」

 いよいよ最終回。  ワームとの戦いから半年(?)経ったようで、みんなそれぞれの  生活に戻った・・・って感じでスタート。  軍に残った瑛花。学校に戻った可憐。源さんとともに田舎で暮らす  エリーゼ(養女になっちまったのかぁ〜〜〜〜) エリーゼの制服姿...

スカイガールズ 第26話 「それぞれの…」

スカイガールズ Vol.3(2007/12/21)川澄綾子、間島淳司 他商品詳細を見る スカイガールズ 第26話感想です。 綺麗な終わり方に素直に感動した私がいる;; 公式HP

スカイガールズ 第26話(最終話) 「それぞれの…」

スカイガールズ 第26話(最終話) 「それぞれの…」 見ました 戦いが終わってから半年、 元の生活に戻っていた音羽達に追浜基地から呼び出しが来ます。

スカイガールズ 第26話「それぞれの・・・」

今回のお話は、スカイガールズが最後のフライトをするというお話でした。最後まで、楽しい感じに締めてくれましたね。うん、個人的にはかなり満足であります。 時は、ワームとの戦いが終ってから半年後のお話。元通りの平和が戻ってきたようで、復興のほうも順調そうです。で、世界を救ったスカイガールズ面々はというと、これまた昔の生活のまま。もうちょっと大変なことになっているかと思いましたけど、そんなことはないようです。まぁ、このほうが安心なのでしょううけどね。 瑛花さんは、軍に残って新生ソニックダイバー隊の教官...

スカイガールズ 第26話(最終回)

ワーム掃討完了によるソニックダイバー隊解散から半年経った話。 やはり1話丸ごとエピローグというのは良いものですね。 最後はスカイガールズらしい締めで綺麗に終わってくれました。 瑛花は訓練でビッグバイパーと戦ったようですが、旧式戦闘機でも勝てるとは流石。 ...

『スカイガールズ(SKYGIRLS)』 桜野音羽

『スカイガールズ』の音羽です。 最近はパイロットスーツデザの可愛いアニメが増えて来ましたが、この作品もそれに能わず。 とくに音羽の...

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

新着記事・カテゴリ

メニューバーをご利用ください
古いカテゴリーは順に表示されなくなりますので、お手数ですが記事検索をご利用ください

メールで アニメレビューCrossChannel.jp を購読する

ブログ内検索

プロフィール

・管理者:wataru
・好き:V1046-R MAHORO、HMX-12 マルチ、ぽんこつ、黒オーバーニーソ、メイド
・リンクフリーですが、可能であればサイトTOPにリンクお願いします。相互リンクのお誘いは不精者のため辞退させていただいております
・利用状況の管理と広告表示等の目的でCookie及びWeb beaconを利用しています。Cookieの受入はブラウザの設定で選択が可能です
・商品紹介にはAmazonアソシエイトリンク他を利用しています
・当サイト管理者へのご連絡は webmaster★crosschannel.jpまで(★は1バイトのアットマークに置換して下さい)

Shop Link

Copyright ©  -- アニメレビューCrossChannel.jp --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]